2021/06/25 07:00

美容専門学校時代の同級生の古川です。


訪問美容というジャンルはまだまだ情報が少なく、なんとなく大変そうというイメージから高齢化社会の中で「役割」としての重要性を感じながらも、同じ美容業界にいる私自身は何も行動に移してはいませんでしたが、


同級生の細川氏はもう3年くらい前から実際に行動を起こし、訪問美容の現場の問題点と向き合い続けています。


そんな彼が訪問美容の一番の問題点である「介護」との関係性や、「現場で髪を切る」時の問題点をこれならば解決できると連絡をもらった時に、私自身もすごくわくわくしました。


訪問美容を必要としている方と、訪問美容で貢献したいと考えている全ての美容師さんの為に心から応援してます。


顔晴って!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?