2021/07/13 11:50
アイヌ文化を伝承する浦川太八さんの企画展開催日まで残り20日!展示品の整理と写真撮影の準備が進んでいます!

今日は、企画展に展示する浦川太八制作のマキリ(小刀)をご紹介。今回の企画展のために、個人の方が所有されているものを特別にお借りすることが出来た1本です。

これぞ、浦川太八の彫りだ!といわんばかりの存在感が伝わってきますね。

この1本は、太八さん曰く実際に山で使っていたものだそうです!太八さんの作るものは、実際に山に入って使えるかどうかが大切なポイントなんです。鹿や熊の解体や鮭を捌くとき、さらには木彫りをする時など、あらゆる場面で活躍する必須の道具であるため、素材は丈夫なイタヤカエデを使用しているんです。

美しいウロコ彫りにうっとりしますね!

根付には、太八さんがハントした熊の爪がついていますね。

もちろんこの素晴らしい1本は、会場に展示いたしますし、図録写真集にも掲載いたします!

この他にも、80歳を迎える太八さんの今を記録した作品を多数収録した図録は、本当に必見です!企画展へのご支援よろしくお願いいたします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?