2022/03/04 12:01

(株)文化財マネージメントの宮本です。


昨日3月3日に、修復をご担当いただている吉備文化財修復所の牧野さんによって、支援者名簿の仮納入がおこなわれました。


「支援者のお名前を書いて納入する」というのはリターンの一つとしてご用意したものです。
お名前は和紙に墨書きし、桐箱に納めました。
適切な環境にあれば、これらは千年先まで持つ素材であるのは、歴史が示すとおりです。


本来は3月までに大仏の中への納入を予定していましたが、足場の無い現状では適切な形での納入が困難なため、薬師如来坐像の両手のひら上に一旦仮設置しました。
次年度の第2期修復の完了後に頭部内の所定位置に納入しますので、最終的には当初のアナウンスどおりに像内に納まることになります。
支援者様には当初の予定から変更することとなってしまいましたが、像の安全等を考慮してのことでありますので、ご理解いただきたく何卒よろしくお願い申し上げます。


3、4月には下記スケジュールで、本堂と大仏の公開を予定しています。
仮納入された姿もぜひご覧くださいませ。

日にち:3月6日(日)、20日(日)、4月3日(日)、17日(日)
時間: 10:00~12:00


源宗寺へのアクセス等については、下記ページをご覧くださいませ。
https://oobotoke.com/

源宗寺新本堂…埼玉県熊谷市平戸644
→JR熊谷駅から徒歩で25分ほど
源宗寺には駐車場はありませんので、車でお越しの方は、近隣の平戸荘をご利用ください。
平戸荘…熊谷市平戸494番地1

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?