2021/11/04 10:11

目標達成しました!!ご支援頂いた皆様本当にありがとうございます。

この1週間は本当に充実した日々でした。昨日イベントが終わり疲れがどっと出て、いつの間にか眠りについてて、起きたらびっくり目標達成!なんとも心臓にわるい嬉しい寝起きでした(笑)

ちょっとだけイベントへの想いを。

能代駅前商店会でお祭りが最近行われてなかった事もありますが、能代市の一大イベントであった「おなごりフェスティバル」も昨年度で終わりを告げ、活気が失われかけていました。

そこで昨年、駅前商店会とのしろ家守舎が連携して新しいイベントを始動させました。
それが昨年9月13日に開催した「第0回目のしろいち」でした。
のしろ家守舎もまだ会社設立前という事と、コロナ禍の中での手探りイベントだった為、0回と位置付けました。ある意味予行練習。中心市街地に子供や大人の姿を日常的に作りたい!と活動しているものの、用事がないと来ないですよね。スタートはそこからでした。商店会の各個店の魅力を知ってもらって、楽しそうな街だなと思ってもらえるところから。地道な計画です。


その後も、ウィズコロナ、アフターコロナを踏まえた歩道活用の実証実験でもある「だん・だんのしろ」など能代市だけではなく、秋田県の協力もあり賑わいを作る努力を重ねてきました。



そして満を持して開催されたのが「第1回目のしろいち」です。
同時期に能代市で種苗交換会が開催されているという事もあり、のしろいちの実行委員メンバーも企画段階からテンションが高く、歩道活用では満足いかないという事で車道も止めちゃうこととなります。おなごりフェスティバル以外では車道を止めたイベントの記憶は私にはありませんでした。聞くところ30年前くらい前はかなり歩行者天国イベントを行っていたとか?


おかげさまで大成功のイベントとなりました。(集客10000人オーバーとか)
なにも無いと感じていた商店街に、そして無駄に広いだけと言われてた車道・歩道にたくさんのお客さん。子供からおじいちゃんおばあちゃんまで、笑顔で溢れる空間になりました。視点を変え、今の時代に合った使い方をする事で新しい価値を生んだのだと思います。子供達にもちょっとは面白い街だなと感じてもらえたはずです。
これからの課題としては単発イベントにならないような仕組みづくりが必要だと思っています。大きなイベントほど疲弊していくので、無理なく日常化できる仕組みづくり。空き店舗活用、新規起業者の呼び込みも同時進行で行なっていく仕組みづくりです。

「第0回目のしろいち」

「だん・だんのしろ」

そして「第1回のしろいち」

一気にどーんと来た感じもしますが、みなさんの笑顔を見てたら嬉しくなりました。今回はコロナもだいぶ収束して開催する事で開催出来ましたが、これからも気を抜かずチャレンジしていきたいと思います。能代出身者さんや繋がりのある方にもこの活動の事を知って欲しい欲しいと思っています。

長くなりましたが、皆様のご支援のおかげでまだ期日残しながらも目標の100万円に到達しました。本当にありがとうございます。まだ期間がありますので、もっとたくさんの方々に想いを届けて追加ご支援頂けたらと思っています。DIYで作る部分に関しては今回のゴールで行う事ができる事になりました。この後のご支援で遊び場の充実や、カフェ機能やKILTAのしろの充実をはかり、日常的に賑わいを作る拠点を作っていきます。

今後とも引き続きよろしくお願いします。

合同会社のしろ家守舎 一同より

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?