2017/11/24 11:03

いよいよ公演まで残すところ数日となりました。

それでも、まだまだ進化を続けてます。日々、盛り上がってきています。

 

圧倒的劣等感 それが僕らのMotivation

誰にも負けたくない気持ち炎上 

から回る一人ぼっちのレース wow 

かっこつけたのに、かっこ悪くて、思ってたより遅い歩くペース

つけた自信も なんか霞むね 僕にできることなんて・・・

Yell for you!  Yell for me! 届け この声!! 君に届くまで 声枯れるまで!!

 

今回のメインテーマ曲「YELL」の歌詞の一部です。

歌えば歌うほど、僕らの現状とリンクしてきます。

もがいて、もがいて、何かを探してる。何かを届けようとしてます。

 

最近、強く感じていること。

舞台に立たせていただく僕らは、たくさんの人の“想い”を背負っているということ。

 

チケットを購入していただいた方々、

協賛・広告等、お金を出して、支援してくれている方々、

衣装や撮影、稽古の応援をしてくれている方々、

脚本や歌に“思いを込めて”僕らに託してくれた方々

そして僕らキャストとして送り出してくれている家族の方々・・・

 

まだまだ背負い方も、その表現の仕方も未熟な僕たち。

でも、僕らは、ありったけの気持ちをこめて、

楽しみにしてくれている方々、応援してくれる方々の心を揺さぶりにいきます。

 

 

ある方から、質問されたのでこの場をかりてコッソリ説明させて下さい。

なんでTSUKASAじゃなくて、TsuCasaなの?と。

 

僕は以前、公用語がスペイン語であるメキシコで、ストリートチルドレンの社会復帰を支援する活動をしていました。メキシコには、国民性を表す表現でもあるのですが、

「ミカサ エス ツカサ(Mi casa es tu casa.)」と言う言葉があります。

「私の家は、あなたの家(だからいつでも好きなように帰ってきなさい、自由に使いなさい)」と言う意味です。そう、僕の名前は、TSUKASA(つかさ)。

名前は?と聞かれて、「つかさ」と答えると、

決まって「???」って顔されて、こいつスぺイン語わかんないのかなぁって。

 

「だから、ツカサだって。」っていう毎回、繰り返しがあって、初対面のつかみはOK!
すぐに、名前を覚えてもらえました。

 

僕の、めざしたい人物像として

「TSUKASA es Tu casa」(つかさは、あなたの家)があります。

 

よりどころじゃないけれど、出会う人を受け入れる、安心を与えられる存在になりたいなぁと。

普段は、幼稚園教諭をしているのですが、送り出した卒園生たちも、いつでも戻ってきて、なんでも相談(報告)してもらえる存在でありたいと。お金は貸せないけど・・・。

 

そんなわけで、今回、僕の名前表記を少しいじって『TsuCasa』にさせていただきました。

 

僕は、LOMEOが福島の人々にとっての『Tu casa』になる日がくればいいなぁと夢みてます。

 

LOMEOとともに育ち、いつでも帰ればLOMEOが迎えてくれる。

LOMEOに刺激を受け、癒しを受け、背中を押してもらえる。

LOMEOがHOMEになる。

ロメオパラディッソ TsuCasa

 

■ロメオパラディッソ第4回本公演【WARAJI BOYS〜オレたちの一番熱い夏〜】

作・演出:夢麻呂(『熱ら。』)

開催日時:2017年12月2日(土) 1回目公演/14:00~ 2回目公演/18:00~

          12月3日(日) 3回目公演/13:00~

会場:福島県教育会館 大ホール

ロメオパラディッソ ホームページ http://lomeoparadiso.dip.jp/

ロメオパラディッソ Facebook https://www.facebook.com/lomeoparadiso/

各音楽配信サイトにてロメオソング絶賛配信中!https://www.tunecore.co.jp/artist/lomeoparadiso#r224702

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?