2017/11/29 09:05

おはようございます。

ロメオパラディッソ立ち上げから一緒に彼らと走り続けている

飯館村出身、佐藤健太です。

第4回目の本公演に向けて、懸命に頑張る彼らと一緒に

わたしも、フクシマへの想いを綴らせてもらいます。

 

私はあの原発事故によって故郷 飯舘村から福島市に避難をした。

今年、一部地域を除いて避難指示が解除された飯舘村だが、

未だ9割の村民が村外で避難生活を送っている。

そんな中で、かつて水俣病で苦しんできた(未だに苦しんでいる方もいる)水俣に出会った。
水俣の再生の歩みの中に『地元学』というものがあった。

そこで、自分にスッと落ちて来た言葉があった。
それは『無いものねだりをするのではなく、有るもの探しをしなさい』
というものだった。

これを福島に置き換えて
まず自分たちの足元を知ることから始めることが大事なんだと思い。
自分たちが生まれ、住んでいる地域にある歴史や文化を学び見直すことで、

自分たちのルーツや大事にすべきものが見えてくる!

 

福島市においては「わらじ祭り」が、どんな存在なのか、
彼らにとって「ふくしま」とは「わらじ競走」とは何なのかを何度も問うた。

何かを与えてもらってこなすだけでは、育たないし根付かない
そこに有るものを知り、見直し、自分たちが、自分たちの手で磨き育てて初めて
そこに本物の郷土愛や誇りが生まれる。

この福島市にとって誇りになる揺るがないものを創りたい!

そんな思いでロメオのコアメンバーとしてここまで走って来た。

そして今回、これまでの3作を手掛けてくださった大信ペリカン氏の脚本演出から、

夢麻呂氏にバトンを繋ぎ、熱い脚本演出で、
彼ら、ロメオメンバーのみんなが全力で追い越そうとしています!

 

『福島を担ぐ!』と腹をくくった彼らの想い!
わらじに、ロメオ達それぞれの想いを乗せて一心にゴールへと進む彼らの勢いを、

どうか後押ししてやって欲しいと思います!

 

クラウドファンディング、残り2日です。

どうか、皆様からの声援を「yell」を彼らに与えてやってください。

よろしくお願いいたします。

 

 

ロメオパラディッソ コア

佐藤健太

 

ロメオパラディッソ 生出演アーカイブ
https://www.facebook.com/MKTVproducer/videos/2060381014194282/

12/2(土)、3(日)のロメオパラディッソ公演
WARAJI BOYS
福島県教育会館 大ホール

クラウドファンディングCAMPFIRE
募集終了11月30日(木) 23:59

チケットも絶賛発売中!
お近くのキャスト、WEBより購入可能!
チケット購入ページ → https://ticket.corich.jp/apply/86798/000/

■ロメオパラディッソ第4回本公演
【WARAJI BOYS〜オレたちの一番熱い夏〜】
作・演出:夢麻呂(『熱ら。』)

開催日時:
2017年12月2日(土)
1回目公演/14:00~ 2回目公演/18:00~

12月3日(日) 3回目公演/13:00~
会場:福島県教育会館 大ホール

ロメオパラディッソ ホームページ http://lomeoparadiso.dip.jp/

ロメオパラディッソ Facebook https://www.facebook.com/lomeoparadiso/

各音楽配信サイトにてロメオソング絶賛配信中!https://www.tunecore.co.jp/artist/lomeoparadiso#r224702

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?