2021/09/01 08:00

新型コロナウィルスCovid-19が流行しはじめた最初の非常事態宣言の日々を19名の俳優たちと共に映画として残す、アクターズ・ヴィジョン企画製作、三島有紀子監督作品「組曲 うつしだすこと」の出演者インタビュー第9弾は、俳優、長谷川葉月さんです。新型コロナウィルスの流行にともない、すべての表現活動を奪われてしまったその鬱憤を「ある作業」をすることで昇華させていく、その様子を映像に残すことにしたそうです。 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?