2022/04/23 22:54

クラウドファンディングの挑戦も残すとことラスト1日。

明日で最後の投稿となりますが
実質この活動報告がHAKKOHOUSE としてのPR最後の投稿になります。

体験型の宿「HAKKOHOUSE 」
場所は長岡市堀金という閑静な住宅街の中にあります。宿として見ると、立派な温泉もないですし、綺麗な景色も見れません。
そんな場所でなぜ始めるのかと言えば。
街とつながる宿にしたかったから
これから近い将来、自動運転なども発達して地方と都市がもっと距離が近くなり
インバウンドなどの海外のゲストも伸び代があります。
今までの観光地をこれから目指すのは莫大なお金と時間がかかりますが、今あるコンテンツを活かすことで新たな可能性を作れるのではないかと思っています。
街とつながる体験型の宿「HAKKOHOUSE 」に車で約30分県内にいくつもの酒蔵、醤油蔵、味噌蔵、米菓工場などがあり、地元スーパーなどで伝統的な調味量や食材なども手軽に買えて、田んぼや畑もすぐ近くにあり、ものづくりの街や伝統的な織物の産地、和紙工場へも行けたりします。
この30分県内でいくつも、世界に誇るものがたくさん詰まっているのがこの新潟の魅力なのです。

つまり、温泉も絶景の景色もない宿なのですが、宿が点と点を結び、面となり新潟を
伝えていく役目がこのHAKKOHOUSEでやるべきことであり、目指したいのです。
外から見たら驚くほどすごいのが新潟です。僕らがあたり前に見てる景色が視点を変えるだけで世界的価値のある場所になるのです。

そして、そのほとんど全ての根源に
「雪」と密接な関係がり
雪という資源が発酵的に自然な発展していったのが新潟なのではないのかと僕は思っています。

このプロジェクトを通じて
たくさん気づいいて欲しいのです。
今まで多くの人に知れてこなかった
雪国新潟の暮らし営みや人間性の
素晴らしさを!

縄文時代から人の営みがあり
僕調べで、20万人以上の雪国都市は
世界トップクラス(ほぼトップだと思う!)

これだけの豪雪地になぜこれだけの都市が
発展していったのか。それが新潟の可能性だと信じています。

自分たちの故郷や地方の可能性を広げること、それが無理のない平和的な発展であること。これが僕の考える「みんなが嬉しい食」です。

経営者的としては未熟なのですが
ビジネスを通じて、地域を良くする
取り組みはずっとやってきたことです。

新潟だけでなく、日本が世界が
平和的な発展ができるように
この新潟からも挑戦し続けていこうと思います。

ラスト1日!!
よろしくお願いします!!

ありがとうございます!!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?