Logo 3a7b3934534dac03dc283cd4a393e86703f8b656270c3f0a33410fc6e1678389.png?ixlib=rails 2.1

あなたも高齢化による日本崩壊を救う究極の在宅リハビリ普及メンバーになりませんか?

59c32de2 4094 4f3b 9f04 50a60ad91516.png?ixlib=rails 2.1
パトロン数
0人

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

国内唯一の在宅リハビリ専門医激白!あなたの助けがなければ高齢化にともなう医療崩壊、介護崩壊を食い止めることができません。しかしもしあなたが手を差し伸べてくれるのなら、高齢化社会が元気なお年寄りに満ちた活気あふれる社会に変貌します!

11月12日在宅医療リハビリ指導士講座を大阪で開催

5a0a55d9 25d0 45a7 9a99 13350aba16f5.png?ixlib=rails 2.1
11月12日在宅医療リハビリ指導士講座を大阪で開催しました

 

11月12日大阪で在宅医療リハビリ指導士講座を開催しました。

今回登壇した認定講師は高澤隼人講師でした。

高澤講師は理学療法士として訪問リハビリに従事する傍ら、パーソナルトレーニングのジムを開業しています。

8月、9月に在宅医療リハビリ修士講座を受講した方が4名、新規の方が1名の計5名が受講してくださいました。

受講生は理学療法士、看護師、柔道整復師、訪問看護経営者、介護施設長と職種はさまざまでした。

大阪開催ということで、終始笑顔にあふれ、楽しく講座を行うことができました。

 

認定試験に全員無事合格し、大阪に新たに5名の在宅医療リハビリ指導士が誕生しました。

今回資格を取得した5名には、関西地方で在宅リハビリの普及につとめてもらいたいと思います。

具体的には資格取得者は居宅を訪問しリハビリ指導を行えるようになります。

現在自宅で過ごす多くのご高齢者が、医療保険や介護保険など公的な保険サービスで受けるリハビリだけでは十分なリハビリを受けることができていません。

厚生労働省も在宅でのリハビリは民間やNPOなどで対応するよう指針を出しています。

要するに公的保険外の自費サービスにより、リハビリを受ける社会を創ろうと言っています。

そのような社会を創る役目を担うのが、在宅医療リハビリ指導士です。

全国在宅リハビリ支援推進機構は全国各地に在宅医療リハビリ指導士を育成することで、ご高齢者や障害者が自宅で自分らしく生きる社会を創造します。

 

デイサービスでの園芸リハビリ活動

59f1d927 d514 46be 91dd 74ca0a7ea167.png?ixlib=rails 2.1

 

 本日葉山つながりプロジェクト

 園芸チームの活動に参加しました。

 


 葉山アロハ&オハナデイサービスの

 庭で栽培したホーリーバジルを

 利用者さんと一緒に収穫した後、

 

 以前収穫して乾燥させたホーリーバジルと

 カルダモン、クローブを用いてチャイを

 作りました。

 

 

 

 とても美味しかったです!

 

 印象的だったのが、利用者さんが誰の

 指示もないのに率先して作業に

 取り組んでいたことです。

 

 園芸の作業は自然とリハビリになります。

 

 リハビリの理想的な形だと感じました。

 

 今後介護現場に、より貢献する目的で

 葉山アロハ&オハナデイサービスの

 活動支援を行うことになりました。

10月21日大阪で在宅医療修士講座を開催しました。

59f00df0 b3c8 453d ac18 298f0a7ea167.png?ixlib=rails 2.1

 こんにちは、
 代表理事の保田です。


 先週土曜日、大阪で
 『在宅医療リハビリ修士養成講座』
 を開催しました。


 台風が近づいていたため、天気が
 どうなるか心配でしたが、
 上陸1日前であったため、大きな
 影響がなくて済みました。


 今回は、回復期病棟の看護師さん、
 介護施設で体操を担当している方、
 柔道整復師の先生と様々な職種の方が
 ご参加くださいました。

 

 それぞれの立場から色々な質問が
 あり、私としても多くの気付きが
 ありました。


 例えば、
 
 「体重が重たくて下肢の力が
 弱いため、自力で立った姿勢を保つ
 ことができない人には、どのように
 対応したらいいのか?」

 といった、介護現場で働いている方
 ならではの質問が出されました。

 
 せっかくなので、あなたなら
 どうするか、少し考えてみて
 ください。

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 
 どうですか?
 答えは浮かびましたか?
 
 ひとつめの質問に対しては、
 以下のように認定講師の高澤は
 回答しました。


 まず立ち上がるまでの動作
 (膝を曲げる→お辞儀して頭を
 前に出す→両足に力を入れさせる)

 を声掛けをしながらしっかりと
 動きを意識させ、重心を前に移動
 させつつ、ご本人の力を最大限に
 引き出します。

 介助はあくまでもサポート程度に
 することがポイントです。
 
 ご本人の力を最大限に引き出す
 ことで、立ち上がるだけでも
 リハビリになります。

 どうしても立ち上げることが
 できないようであれば、前方に
 立って両手を支えてあげるか、
 体を寄せて抱きつくようにして、
 体ごと支えてあげます。

 この際もご本人の力をできるだけ
 引き出すことを意識します。

 ご本人の力を引き出すと、介助する
 人の負担を減らせるというメリットも
 あります。


 他の質問として
 
 「ベッドのはしに腰をかけたが
 前に移動できない人が多いが、
 どのように介助してあげれば
 いいのか?」

 といったものがありました。

 この質問についてもあなたなりに
 考えてみてください。

 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・
 ・・・・・・・・・

 どうですか?
 答えは浮かびましたか?


 この質問に対しては、左右交互に
 重心を移動させながら、お尻の
 片側が浮いたタイミングで前方に
 引き出してあげる方法を伝授
 しました。

 人は重心がずれて不安定になる
 ほど移動しやすくなります。

 例えば寝ているような安定した
 状態と、立っている不安定な状態
 を比較すると、立った状態の方が
 移動しやすいですよね。

 それと同じ原理です。

 
 このように現場での疑問、悩みの
 多くは、リハビリで解決できます。


 あなたも何かお困りのことや
 疑問がありましたら、お気軽に
 ご質問くださいね。


 11月12日(日)には、再び大阪で
 個別リハビリを学ぶための
 『在宅医療リハビリ指導士養成講座』
 を開催します。

 すでに定員6名のところ5名の
 お申し込みをいただいております。

 先着順となっていますなので、もし
 関西方面にお住いのお知り合いで
 ご興味のなる方がいるようでしたら
 教えてあげてくださいね。

 詳しくはこちら→
 http://senryaku7step.kenko-sosei.com/lp/shidoushikouza
 

第20回在宅ホスピス協会全国大会で発表

59d33910 7ff4 4149 b8f2 54670a7ea167.png?ixlib=rails 2.1
 第20回在宅ホスピス協会全国大会で発表

 

 東京都立川で開催された

 第20回在宅ホスピス協会全国大会で

 機構の活動について発表してきました。

 

 

 予想以上にたくさんの方々に

 ご興味を持っていただくことができ、

 私たちの活動が求められていることを

 実感できました。

 訪問診療をされている医師の方からも

 受講したいと声をかけれられました。

 

 在宅医療にたずさわっている方々は

 少なからず在宅リハビリの不足を

 感じているようです。

 ひとりでも多くの方に在宅リハビリを

 習得していただきたいと切に思い

 ました。

 

 そのためには講座を開催する必要が

 あります。

 あなたのご支援を必要としている

 人がたくさんいます。

 ご支援のほどよろしくお願い

 いたします。

 

10/21大阪で在宅医療リハビリ修士養成講座を開催

59d0e4ca 9fa8 4ae4 a07e 42790aae007e.png?ixlib=rails 2.1
10/21に大阪心斎橋で在宅医療リハビリ修士養成講座を開催する予定です。

現在7名定員のところ3名の申し込みを頂いております。

在宅医療リハビリ修士とはデイサービスや特別養護老人ホームで機能訓練指導員をされている方や、訪問リハビリを担当している方、ご家族にリハビリを教えたい方のために作られた資格です。

前回の大阪講座では9名の方にご参加頂きました。

今回もすでに3名の参加が決定しており、大阪の皆さんの在宅リハビリへの関心の高さを感じております。