2021/11/21 11:03

週末はクラウドファンディングの返礼品の準備に、帰省し農家さんを訪問。秋に収穫した新米のコシヒカリを精米して頂き、袋詰めして発送伝票準備してきました。お礼状を同封し、週明けから順次発送させていただきます。


過疎化の影響で後継者がおらず放置される農地を、先祖代々の土地を守る意味でも作り続けられてて、今は地元と一部地域でのみ販売消費されています。種蒔きから、田植え、収穫、精米、袋詰めまで行程全てを生産者が行う単一原料米。手間暇はかかりますが、他の生産者と混ざらず100%私の地元で育てたお米です。


田舎は過疎化による空家や、後継者不足による農耕地の管理問題があります。今回依頼した農家さんも、ブランド米戦略の価格競争で店頭販売スペース減少、過疎化で農産物直売所が撤退するなど少しづつ影響を受け継続するか検討されてるお話を聞いて寂しくなりました。


今思えば、旅行業を始める前無職だった私が初めたのは病室からの農作物ネット販売支援を始め、私が旅行業登録頂いて初めてのお仕事は農家さんの温泉旅行。今回クラファンは5年の節目の最後の返礼品、そうだ!お米にしようと思いました。コロナ禍でも同じく観光客減少により、観光地の旅館やホテルに食材を卸していた業者さんも大変。農家や漁師や酒屋など生産者の方々も苦しい時期があるのを見てきた影響もあるかと思います。


クラウドファンディング公開中に旅行業継続はなりませんでしたが、今回皆様に頂いた支援費用の大部分は地域に還元される仕組みで実施しています。クラウドファンディングで支援頂いた費用から、返礼品用に農家さんから約100kg近いお米を買い取らせて頂きました。わずかですが、農家さんにも皆様にも喜んで頂けたら嬉しいです


わずか半日の滞在でしたが、数年ぶりの久しぶりの帰省。見渡す限り山と田んぼの風景は今も昔も変わらずでした^^


#クラウドファンディング #農業支援 


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?