2021/09/12 16:35

こんばんは。

クラファンも残り数時間となりました。

すでにご支援いただいた方が150人以上おり、感謝感激でございます。

残りわずかですがクラファンはまだまだ続いておりますので何卒よろしくお願いします。


ここから昨日の続きです。↓↓↓


しかし帰りの電車の中で術後画像を見て、脳貧血を起こしてしまいました。

画像を見てからは不安が襲いかかり、それからというもの手術が恐怖に変わりました。


そして週明け、少しでも気分を変えようと散髪することにしました。

手術後に髪を洗うのも大変になるだろうと思ったからでもありました。


散髪はやはり良いもので、気持ちもリフレッシュし、翌日の手術は明るい気持ちでむかえられました。

しかし手術室に入るとタワーオブテラーに乗る前のようなドキドキ感が襲ってきました。

指の手術でもドラマで見るような手術台に寝かされ、手汗がびっしょりになりました。

すぐ横には話しかけてくれる方がいて、リラックスしててくださいねと言ってくれましたが、局所麻酔なのでドリルで骨に穴を開ける音が聞こえて、リラックスどころではありませんでした。

しかし血圧計のカフが腕を締め付ける度に、かつて多摩動物公園にいたボルネオオランウータンの故ジプシーさんが僕の腕を握ってくれていると想像したら、恐怖は無くなりました。


ちなみに手術中、聴きたい曲はあるかと聞かれ、何でもいいと伝えたら、ミスチルの曲が流れました。

「あ、これもしかしてコードブルー?」と思っているうちに手術は終わり、病院を出てすぐ友人のオカモトレイジくんの家に行きました。

その日は大きな注射針が指に突き刺さった感じがずっとしていましたが、レイジくん達とご飯を食べていたらあまり気にならなくなりました。


写真はその時レイジくんに撮ってもらったものです。

もしみなさんも怪我などで手術をすることになったら、聴きたい曲を選べるかもしれません。

局所麻酔ではなく全身麻酔だったら、聴けないですが・・・。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?