HPCSOファンクラブ - 特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体

パトロン数
3人

このプロジェクトは、ファンクラブ方式(定額課金制)です。
選択した金額で毎月パトロンになり、毎月集まった金額がファンディングされます。

子午線の町、兵庫県明石市を中心に、子どもに関わる活動を行なっています。様々な家庭環境の子どもへの学習支援や地域交流の拠点として食育ひろば(子ども食堂)、様々な体験を提供するサイエンスフェスやものづくりイベントなど多岐に渡って活動を行なっている、若者がたくさんの特定非営利活動法人です。

寄附金受領書の発行に関するお知らせ

特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体の活動にご協力を賜り誠にありがとうございます。

さて現在、当法人への寄附に関して、受領書の発行を承っております。発行を希望される方は当法人事務局までご連絡お願いいたします。当法人が発行できる2018年分の受領書は、2018年1月1日より2018年12月31日の間に着金が確認された寄附のみとなります。 

【発行ができる例】 

 ・2018年11月10日にクレジットカードで寄附 

 ・2018年12月23日に口座振込で寄附 

※一部条件のもとで発行できる例 

 12月31日に口座振込で寄付をされた場合は、振込元の銀行がモアタイムシステムに参加しており、即時入金が可能な場合に限り、寄附金受領書の発行が可能です。
 なお、当法人が12月31日の着金を確認できなかった場合は発行することができません。 


【発行ができない例】 

 ・2018年12月15日にクレジットカードで寄附
  →当法人への着金(振込)が2019年1月となるため、発行できません。

 ・2018年12月31日に口座振込で寄附 かつ 振込元の銀行がモアタイムシステムに参加していない場合
  →当法人への着金(振込)が2019年1月4日以降となるため、発行できません。 

【注意事項】

 なお、当法人は寄附金控除の団体ではございません。しかし、営利企業等につきましては、一般NPO法人への寄附金を一定額損金として算入させることができますので、寄附金受領書が必要な場合は事務局までお問い合わせください。
 一般寄附金の損金算入限度額については以下の画像をご覧ください。

なお、当法人では税制面に関しての相談は受け付けておりませんので、お近くの税理士などにご相談願います。

【サポーター限定】Facebookグループへご招待!!(パトロン限定公開)

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。
パトロンになると読むことができます。

活動拠点が2018年8月にオープン!!

こんにちは!

NPO法人兵庫子ども支援団体です。

TwitterやFacebook、ウェブサイトなどでお知らせをしていますが、当法人として初めての活動拠点を8月に兵庫県明石市にオープンいたします!

活動拠点では現在実施している学習支援[かがやき]や食育ひろば ひなたに加え、アトリエやまちラブラリーと新しいことに挑戦して行きたいと考えています。

活動拠点ができることで私たちの取り組めることが大きく増えると思います。「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指して、各活動に取り組んでまいりますので、それを応援して頂けたら幸いです。

開設に先立ちまして、活動拠点の名称・愛称を現在募集しています。

活動拠点の名称に採用された方と採用には至らなかったけれど良い名称を応募された方、合計3名の方には図書券をプレゼントさせて頂きます。ぜひ、ご応募頂けたらと思います。

活動拠点 名称・愛称募集ページはこちら

*応募された方は、ぜひTwitterやFacebookで #拠点名称 をつけて呟いてください!!

2018年新年のご挨拶

あけましておめでとうございます。謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

旧年中は格別のご高配を賜りましたこと,心より御礼申し上げます。

 

昨年は,食育ひろば ひなたや人形劇の公演事業,理科学イベントの実施など,子どもたちが気軽に来れる居場所や様々な体験などの機会を提供してまいりました。当法人だけではなく,他の法人の方と協力しながらイベントを行うなど,たくさんの繋がりができた1年であったと思います。また,皆様のおかげによって,あしたのまち・くらしづくり活動賞において,兵庫県審査で奨励賞を,中央審査で振興奨励賞を頂くことができました。一昨年のよみうり子育て応援団大賞 奨励賞の受賞に引き続き,これらの賞の受賞は,私たちの活動の大きな励みになっております。

さて,2018年は団体設立より5周年を迎えることから,中・長期的な活動運営(経営)を見据えて,活動拠点となる場所を作り,新たな活動を展開していきたいと考えております。地域・社会の将来を担う子どもたちに,様々な活動を行うことによって,地域の活性化や私たちがミッションとして掲げる「子どもが笑って過ごせる地域の形成」を目指していきます。

私たち,NPO法人兵庫子ども支援団体の活動には,高校生から社会人まで,幅広い年代の方が携わっています。各年代,立場からの視点,そして団体としての柔軟性によって,より良い社会を築くための活動を行うことができると考えています。2018年もたくさんの方の新たな発想を取り入れながら,活動に取り組みたいと考えております。

NPO法人兵庫子ども支援団体が,より多くの子どもたちを支援していける団体となれるように,本年も頑張りますので,皆様方には,一層のご支援ご協力をお願い申し上げるとともに,本年が希望に満ちた一年となりますよう祈念申し上げ,新年のご挨拶といたします。

2018年1月1日
特定非営利活動法人兵庫子ども支援団体
代表理事  多田実乘

こちらもぜひご覧ください!

2017年を振り返って
2017年の振り返り〜2018年の抱負【理事:髙松・横山・上堀内】
2017年の振り返り〜2018年の抱負【理事:片山・萩原・辻田】

理科学イベント開催!\今年末までに10名のマンスリーサポーターを/【 #寄付月間 】

こんにちは。NPO法人兵庫子ども支援団体です。

先日,兵庫県加東市で理科学イベント『サイエンスフェス in かとう」を開催いたしました。理科系のイベントは今年8月に兵庫県明石市で行なった『スライム大作戦』に引き続き,2回目です。

当日は主に小学生の子が来場し,化石せっけんを作ったり,葉脈の様子をみたりしました。

来場された方からはとても良い声を聞くことができました。

また,当日の様子は「12月14日付 神戸新聞朝刊(地域面・北播)」にも掲載されました。

一部実験は,YouTubeに公開していますので,ぜひご覧ください。

 

NPO法人兵庫子ども支援団体は,子どもに関わる活動を行う団体です。

学習支援や食育ひろば,理科学イベント,文化芸術事業など...様々な活動をとおして子どもたちの健やかな成長を応援しています。

これらの活動を続けていくためには,皆様のお力が必要となります。

今回,私たちは寄付月間ということで,《活動を継続するため,そしてこのような活動を行うことができる活動拠点となる場所を得るため》に,『マンスリーサポーターを10名まで増やそう!』という目標を立てました。

現在,CAMPFIREのファンクラブのシステムを利用した継続サポーターが2名,法人への直接のサポーターが1名おります。この目標を目指して,あと7名の方にマンスリーサポーターになって頂きたいと考えております。

私たちの活動に興味を持って頂いたり,私たちを応援していただける方がいましたら,是非ともサポーターになっていただけませんか?

また,難しいという方でもFacebookやTwitterなどで,キャンペーンページをシェアしていただけないでしょうか。

何卒よろしくお願いいたします。

 

【関連リンク】

兵庫子ども支援団体ホームページ

学習支援事業部ホームページ

Facebook

Twitter