2021/09/24 19:38

40年後の皮革業界を考えた時、このままでは日本の皮革文化自体が消滅しているのではないか!

という危機感が今回のプロジェクトを立ち上げたきっかけです。
そこで、皮革業界の現状を知るため実際の数字を調べましたのでご報告いたします!

皮革なめし業者や革の鞄、靴関係の事業所数等の推移(従業者4人以上の事業所)

 1985年→5,996社
1996年→4,645社
2006年→2,113社
2014年→1,394社

『工業統計調査(産業編)』(各年)(経済産業省)

なんと1985年からの約30年で事業所数は4分の1に!
75%の事業所が消滅し、残ったのは25%程に…

しかも7年前の数字です。この7年での減少と皮革業の新規参入障壁の高さを考えると、さらに減っている筈です。

実際の数字を見ると

今動き出さないと!
の思いがさらに強くなりました。



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?