お待たせしました。シャワー室完成です。

8日目は前日に塗られた塗料が半乾きとなったところで、照明、脱衣室の扉、手洗い器、洗濯機パンが手際よく取り付けられ、昼頃には作業が終了しました。
連日、大工さんの『段取り良く作業を進める計画性』『トラブルにも動じず、代替案を選択する判断力』『物を完成させる技術力』『細部まで手を抜かない集中力』などを見る事が出来、大変勉強になりました。
せっけん作りでも取り入れより良い製品を皆さんにお届けできるよう頑張りたいと思います。


12月10日には改装工事の為に中断していたせっけん焚きが再開されます。
やっと12月らしい気候になり、緩やかな反応でせっけんの作りやすい時期になりました。
また、汗まみれ/粉せっけんまみれになる微粉作業も再開します。新しいシャワー室で汗と粉せっけんを洗い流すのが今から楽しみです。

今後も手賀沼せっけん工場では笑顔あふれる職場を維持し皆が楽しく働けるよう頑張っていきますので、応援よろしくお願いいたします。

本日は完成ならず!!
今日は前室扉の取付けと壁のペンキ塗りが行われました。

水性塗料とはいえ、塗り立てなのでペンキ独特の匂いが部屋に充満しています。
良い香りとは言えませんが、塗り立ての時にしか嗅げない匂いにわくわくドキドキします。

脱衣室・前室に塗っていただいた色は交流スペースのトイレ・廊下と同じになります。
一般の方が使う場所ではありませんが、新しい手賀沼せっけん工場として色をそろえてみました。

さて、明日の予備日8日目でほんとに最終です。
脱衣室の扉、手洗い器、洗濯機パンを取り付けて完成となります。

利用するのは週明けになりますが、楽しみです。

6日目、改修工事もいよいよ終盤です。
大工さんの「細部の仕上げが難しくて時間がかかるんですよ」との言葉通り、1日かけて余計な隙間が無くなるよう作業が行われました。

初日に行った既存設備の撤去で現れた穴は、ボードやパテ・セメントで隠され、脱衣室と前室には新しい棚が取り付けられました。
明日の作業では、手洗い器・洗濯機パン・扉の取付けと、塗装が行われ完成の予定です。

この1週間、設備撤去時の「ガガッガガガッ」と削る音や、時折聞こえる電動ドライバの「キュゥン」と囁くような音、板や角材を切る丸鋸の「ギューン」と熱を感じる音など色々な音が響いていました。

大工さんたちの相談や笑い声などが聞こえる非日常なせっけん工場も残すところあと1日となりました。

明日の完成が楽しみです。


5日目の工事は壁材の搬入から始まりました。

昨夜振り始めた雨は朝方には止みましたが、濡れた地面で建築材を汚さぬよう台が準備されました。
まっさらな化粧板は取り付ける壁の形に合わせてカットされ、小気味よい工具の音が響く中、取り付けられていきました。

昨日は壁の基礎だけでシャワーユニットや床下が見える状況でしたが、今日の作業で洗濯機・手洗い場とシャワー・脱衣室に区切られました。

残すところ扉・手洗い器の取り付けに、壁・天井のペンキ塗りとなりましたが、明日はどこまで完成するのか?

大変楽しみです。

工事4日目、中日(なかび)です。

昨日、組み込まれたシャワー室の隣に壁の基礎が立てられ、脱衣室の床も作られました。

期待していた脱衣室の床下は、特に活用しないようです。
ちょっと残念ですが、工場の作業が落ち着いたら何か考えてみます。
(タオルとか床下収納できると便利そうです。)

明日も引き続き建具(内装)の工事が行われるようです。

段取り良く仕事が進む様子は大変勉強になります。
工場も粉せっけんの外袋詰めで大忙しですが、段取り良く頑張ります。