2021/10/30 13:06

  皆様、たくさんの暖かいご支援ありがとうございます。お蔭さまで、目標金額を10万円以上も上回り、一昨日の2021年の10月28日には展覧会「Kimonoー伝統からモードへ」が開会されました。

  開会当日は、多くの報道陣が集まり新聞などに掲載されました。こちらの動画も動画ニュースの1つです。

   動画の中で、会場のシルク博物館のビセンテ  ヘノベス館長が「この展覧会は元々は2020年春に開催が予定されていたもので、ロックダウン解除後の初めての待望の展覧会です。これを機会に着物、それも絹を通して、1000年以上もの歴史をもつ日本の文化や芸術への理解を深めることを期待しています」と関わった私ども一同の気持ちを代弁しています。

    また、バレンシア着物クラブのアナ  ミロ事務局長は「着物は、名前のとおり着る物であり、身につけている様子を皆さんにご覧になって頂けることにこだわって展示を設営しました」と述べています。

   30体以上のマネキン、それも、日本国内にあるような和装用の凸凹が少ないものではなく洋装用のでしたので、補正などに大変苦労しました。

    しかし、開会日にさっそくご来場頂いた皆さまが、よろこんでらっしゃるのを見て、そのような苦労も忘れました。

   日本の皆様にも動画でお楽しみ頂けましたら幸いです。

   重ねがさね、暖かいご支援ありがとうございました。

   なお、この展覧会は来年2月28日まで続き、多くの方々にご来場頂けるよう様々な日本についてのイベントを会場にて開催する予定です。

   その様子についても、こちらでご報告させて頂く所存ですので、引き続き応援よろしくお願い致します。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?