2022/02/28 17:51

皆さまこんにちは。

KUDENの佐藤貴浩です。

現在、4月の発送に向けてチャリティーのグッズの生産をみんなで進めております。

現在の進捗をご報告して参ります。


____


【グッズの生産について】


●Samurai Mode Jacket Art Model

各先生のキャラクターを生地印刷し、一番発色が良い生地の選定が完了しました。

テストプリントが岐阜の縫製工場スタジオ・エフさまより上がってきた日に、

チャリティーボイスドラマに楽曲を提供くださったinfixn長友仍世さんと志条先生、ひのもと先生との打合せでしたので、皆さんにテストプリントの生地を実際に手に取って見ていただくことができました。

https://camp-fire.jp/projects/492097/activities/354302#main

ジャケット裏の生地の確定が完了し、現在洋服の設計図であるパターンを各サイズにあわせたグレーディングという作業に入っております。

3月中に縫いあげ、4月の発送に向けて進めております。


●Samurai Mode Vneck Tshirt Art Model

コロナ禍による世界的な原材料不足の影響で、年明けに予定した生地がメーカー廃番などのアクシデントがありましたが、無事に品質の満足のいく同等の生地を確保いたしました。

現在、東京の新井繊維さんで、鋭意縫製を進めております。

1枚先だしでいただいたTシャツは生地もしっかりしたもので、縫製も丁寧にしあがっております。新井縫製さんは国内や海外の有名ブランドのカットソーも担当されており、品質は折り紙付きです。

沖縄の2月は蔓延防止の為、たまん福祉会のスタッフさんも交代制でご出社されていた関係で、

菊池さんとTシャツへのプリント仕様などはオンラインで詰めていきつつ、本格的にプリント作業にはいるのは新井縫製さんの縫製が仕上がった後になります。

沖縄で印刷後、栃木のKUDENがコンシェルジュと品質管理をお願いしている元縫製職人の手で品質チェックと仕上げプレスを行い、検針機にかけて4月に発送できるように進めております。


●ポストカード&缶バッチ

台紙やPPなどの最終納品形態を決めたので、現在、日光市のいなほ今市さんの
梅澤さん、田中さんと再度確定のお見積りを依頼しています。

こちらも3月に印刷し、日光市の10の事業所と連携して共同受注の受けるNPO法人の共同受注事務局だいちの広瀬さん、阿久津さんを中心に就労継続支援の現場にてポストカードの封入や、フライヤーなどの軽作業を行い4月の発送を目指します。


●ミニトートバック

生産は山口県の光あけぼの園 はんぷ工房 結さんに既に発注し、

姉妹施設にて、帆布に先生方のキャラクターを印刷したあとに、はんぷ工房結の職人さんが一つ一つ手作りで鞄を作り始めております。

担当の阿座上さんと結さんとは、KUDENのマルチショルダーバックを生産してくださっており、技術は折り紙付きです。


●画集のデザイン

現在、KUDENで鋭意デザインを進めております。


●チャリティーの原作小説連載中!

チャリティーの原作小説がホビージャパン社のノベルアップ+さまにて公式コンテンツとして連載開始しております。

https://novelup.plus/feature/kuden/


____

以上です。

キャラクターグッズを大切に作り上げて、支援してくださった皆さまにお届け出来る様、みんなで頑張って参ります。


またご報告して参ります。

何卒よろしくお願い致します。

佐藤貴浩

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?