2021/11/30 18:02

吉田桃子様より応援メッセージ

「パラクライミング日本代表 RP3クラスの吉田桃子です。

私は生まれつき「孔脳症」という脳の疾患で左手に麻痺があり

力を入れたり抜いたりするコントロールがうまくできず、皮膚感覚も鈍いです。


パラクライミングに出会い、私の人生は大きく変わりました。

「麻痺があってもハンディキャップがあっても、まだまだできる事がたくさんある、自分の可能性を信じたい」そう思わせてくれたのがパラクライミングでした。

今では健常者・パラに関わらず多くのクライマーや友人に囲まれ、楽しく充実した日々を送っています。


様々な環境の人がクライミングを通じて交流し、そして自分の可能性にチャレンジできる、ユニバーサルなクライミングハウス・・・。

今回の挑戦は、これからクライミングを始めてみたいと思う“未来のクライマー“の「希望」だと思います。


完成したら、ぜひ遊びに行かせてください!

還暦を超えた私の母親も「この歳になってオートビレイとやらで登りたくなった」と言っているので、吉田家みんなで応援しています!」


最後の最後まで応援ありがとうございます!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?