2022/01/08 14:00

遅ればせながら、新年あけましておめでとうございます!
旧年中は格別のご高配を賜り、心より感謝申し上げます。
本年も茨城朝鮮初中高級学校をどうぞよろしくお願いいたします!

-------------------------

大変お待たせいたしました!
時間が少し経ってしまいましたが、12/25に

茨城朝鮮初中高級学校 人工芝グラウンド
竣工記念セレモニー

が盛大に開催されました!

本記事では、当日の様子を写真とともに振り返ってみたいと思います!

-------------------------

セレモニー当日未明からの雨。
プロジェクトの集大成を物語る、歓喜の雨だったのでしょうか。

そんな雨も開式前にはあがりました!

なるほど。ご来場の皆様に、長年の課題であった水捌けの解決具合をお見せするお膳立てをしてくれたのか!粋な演出でした!笑

推進委員

まずは竣工記念セレモニー。

ご来賓の紹介後、本校・高石典校長からのごあいさつがありました。

高石典校長

続いて、茨城県議会議員 立憲民主党 玉造順一先生よりご来賓の挨拶を賜りました。
冒頭、流暢な朝鮮語で自己紹介もしてくださり、式の雰囲気を一層引き立ててくださいました。

立憲民主党 玉造順一議員

そして、プロジェクトリーダーである慶光浩会長からの報告。
この日一番の拍手が送られました。

慶光浩会長

式典の最後には、代表者たちによるテープカットが行われました。

このテープカットは、学生たちが喜びの想いを込めて、自ら装飾をしてくれました。

手作りのテープカットそしてドローン撮影。

当日は、写真に写っていない方も含めて250名ほどの方々が会場に駆けつけてくださいました!

式典終了後、竣工記念試合が開催されました。

選手入場時には、プロジェクトの想いを表現すべく、ご来場の保護者関係者たちによって「ガード・オブ・オナー」と呼ばれるセクションがございました。

本来、優勝チームへの賞賛と敬意として欧州で始まった文化とのことです。
また、エスコートパーソンと一緒に入場するという案もあったのですが、感染防止の観点からも一定の距離を保てるこの形が一番良いのではということで実現しました。

大人たちから送られる拍手に、少しはにかみながら緊張の様子。これもまた愛おしかったです。

そして、昨年全国朝鮮高校選抜に選出された、本校サッカー部・崔永樹選手によるキックオフセレモニー。

両チーム交わっての記念撮影。

そして試合は両者激しい攻防で、非常に見応えのある試合となりました。

小学生たちの試合が終わって、中学生・高校生・大人たちで交わってのサッカー大会が行われ、最後のイベントとして、青商会蹴球部がFC水戸シルエラの皆さんとフレンドリーマッチを行いました!

FC水戸シルエラのみなさんと

女子サッカーというものがあまり身近なものではなく、
どんな感じなんだろうとワクワクというか戸惑いというか、
そういったものを感じつつも持ち前の気合とフィジカルで圧倒しようと意気込むおじさんたち。


「魂見せよう!」

「絶対手抜いたりしないよ、せっかく来ていただいたんだから本気でやるよ!」


どこか、上から目線とも取れる雰囲気の中(笑)、

いざキックオフ……!


……


……


……


上手い……!



水戸シルエラに圧倒的にボールを支配される青商会蹴球部。

振り回されながらも終始体を張ってゴールを死守します。


開始前の意気込みはどこへ行ったのか、開始10分くらいから異常なまでに静かになったおじさんたち。


「ねえねえ、元気ないよ!笑」

キーパーから檄が飛びます。笑。


そしてどうにか耐え凌ぎ、1本目は0-0で終了。

2本目以降は、青商会蹴球部の秘技「大人気ない若手へのシフトチェンジ」を繰り返し、試合終了直前、スーパー助っ人崔永樹選手(もはや高校生)の見事なゴールで2-1で辛くも勝利することができました。(笑)

終始、和気藹々とした雰囲気の中、無事にセレモニーを終了することとなりました。

当日ご来場いただいた皆様におかれましては、寒い中どうもありがとうございました!

――――――――――――

本プロジェクトも残すは、皆様へのリターン送付のみとなりました。

現在準備を進めておりますが、学生たちのスケジュールの都合上、当初1月中旬とお伝えしておりましたが若干ずれ込む可能性がございます。

1月中には発送できるよう準備したいと思っておりますので、皆様楽しみにお待ちいただければと思います!


リターンの進捗状況に関してはまた改めてご報告させていただきます!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?