2021/11/16 09:18

台湾茶は基本的に茶壺(急須)で淹れます。


まず茶壺を100℃の熱湯で温めます。

茶壺で温めたお湯を茶海(湯冷まし)と茶杯(湯呑み)を温めます。

温めた茶壷へ茶葉を入れます。

※茶葉の量は茶壷の大きさによって変わります。

目安は茶壷の底を見えなくなるくらいで良い。


熱湯を注ぎます。

※1回目、2回目90℃〜95℃ぐらい、

3回目以後100℃


1回目は10秒くらい蒸らします。

2回目は茶葉はすでに広かる状態なので、

蒸らしは不要です。

3回目以後は5秒ずつずらして(5秒、10秒、15秒…)という目安で蒸らしてください。

それから茶海へ注ぎます。

茶海から茶杯へ注ぎます。


基本的に7煎~8煎楽しめます。


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?