2021/11/24 15:58

あなたが知らない紅茶の真実:

実は日月潭紅茶は台湾と日本のハイブリッドです!


1941年の日本統治時代後期、日本人の「新井幸一郎」は、南投県魚池郷の日月潭にある標高800メートル以上の猫蘭山を選び、さまざまな茶種を栽培するために紅茶実験部門を設立しました。この時期、日月潭紅茶はインドからの導入に成功しました。


後に新井幸一郎は「台湾紅茶の父」として表彰され、魚池茶村の人々は彼を猫蘭山の守護聖人と見なしました。


地元の茶農家協会は、彼の記念日に台湾の紅茶産業に貢献してくれたことに感謝しています。彼が伝えたいのは、一本の茶の木から育てられ、国籍と時間を越える感謝の気持ちです。


彼が育った品種は、台湾のお茶業界全体に影響を与えました。また、台湾紅茶栽培の伝統はここから始まりました。これは、台湾と日本の人々の何世紀にもわたる感動の物語です。


日月潭紅茶は、台湾原生種とビルマの大葉種を茶産業改善農場によって選ばれ、育てられています。50年以上の育種実験の後、紅茶に適している品種を選ばれた。

茶汁は真っ赤で、ミントの香り、フルーティーで独特のシナモンの香りがしみ出しており、まろやかな味わいです。入口以降はやや渋みがあり、しばらくすると徐々に甘みが戻ります。


台湾原生種の魅力的な香りと味わいは、紅茶の専門家から「台湾レッド」や「台湾フレグランス」と称賛され、世界的に有名な紅茶に負けないくらい、非常にユニークな品種です。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?