2021/11/26 16:45

日月潭の紅茶であることを強調する必要があるのはなぜですか?

日月潭エリアは現在台湾で最高の紅茶生産エリアだからです!


1925年の日本占領期に、日本人はインドのアッサム州からさまざまな種類の大葉アッサム紅茶を輸入し、台湾のさまざまな地域で栽培しようとしました。サンムーン湖は高温、高湿度、降雨量、標高など条件に関して、栽培環境はインドのアッサム茶地域と同様です。実験後、ここに植えられた茶の品質は高く評価されています。それ以来、サンムーンレイクでのアッサム紅茶の栽培を始まりました。


南投県魚池郷を通り過ぎると、道路の看板に「紅茶の故郷」と書いてありますが、「魚池紅茶」と「日月潭紅茶」は実は同じ種類です!

南投県の魚池郷には13の村があり、魚池郷の日月潭は魚池郷の村に属しているため、紅玉紅茶、アッサム紅茶、紅韻紅茶、日月潭原生種など、産地は魚池郷にあります。日月潭が有名なため、台湾の人々は魚池紅茶を直接「日月潭紅茶」と名付けました。


日月潭紅茶の最高級品を提供します!


日月潭紅茶のアッサム(タイチャNo. 8)の他に、実際には紅玉紅茶(タイチャNo. 18)、日月潭原生種、紅韻紅茶(タイチャ No. 21)など...すべてが異なる独特の香りを持っています。


台湾の紅茶が栄えた1940年代後半、日月潭の紅茶は、日本では官僚の贈答品として最高品質のお茶であるだけでなく、天皇に敬意を表する献上品でもありました。また当時、日月潭アッサムの優れた品質が国際市場にも輸出され、一番輝いた時期でした。


しかし、1960年代以降、国際的な紅茶市場は徐々にスリランカやインドの低価格の紅茶に代わられ、台湾の紅茶もゆっくりと衰退しました。


1999年6月まで正式に登録され、「台湾茶18号紅玉」と名付けられました。これは現在、日月潭紅茶の主要品種です。紅玉は、50年以上の育種を経た台湾の茶改良農場です。同年9月21日に台湾が地震を発生しました。魚池郷は最も被害が大きかった地域になりました。日月潭の紅茶は被災地域の復興活動のきっかけになった。それ以来、魚池郷の最高ランクのお茶種になりました。


私たちが提供するのは、今日の台湾で最高の日月潭紅玉紅茶です。


台湾では外国文化の侵略などさまざまな要因により、コーヒーを飲む若者の割合は80%にもいます。お茶を飲む文化は次第に消えていき、それに、英国文化を好む若者は増えている、英国のアフタヌーンティーが人気、台湾の本物のお茶はだんだん忘れられていますが、日本の茶道文化の豊かさと多様性、そして保存と継続の仕方、非常に参考になります。近い将来、台湾と日本は再び黄金期を迎えますように願います。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?