2021/12/27 23:27

昭和5年に国田正二氏が総統府の命を受けてコーヒーの栽培に適した場所を探し、そして花蓮の舞鶴が栽培に適していることを見つけ、ここを開拓し始めました。


困難を乗り越えて生産したコーヒーを天皇陛下に献上して、陛下は大変喜ばれ皇室御用達の品となりました。


台湾には外食文化があり、ほとんどの食事を外食で済ませます。お茶文化が根強いため、台湾人は飲み物へのこだわりが人一倍あります。 一般のお客さんですら飲み物に対する味覚が人一倍で、酸味、苦味、甘味、口に残る余韻などを的確に捉えています。



台湾コーヒーは生産地が限られ、生産量が極めて少ないから「幻のコーヒー」と呼ばれます。1年を通して温暖な気候が続く南国台湾で作られるコーヒーは豊潤で香りがよくおいしいと、台湾のコーヒー通の間でもブームになっています。


台湾のコーヒー品種はバランスのよい優れた風味を持つティピカがメインですが、最近は優れた風味特性があるSL-34が生産者の中で流行り始めて、特に爽やかな香りと酸味を活かせるミディアムローストにピッタリ!


飲み物へのこだわりが強い台湾人にも美味しいと思っている台湾コーヒーは絶対美味しいに間違いありません!!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?