2021/11/12 23:15

こんにちは!クラウドファンディングも、残り9日までやってきました。(11月13日なう)


「フリーペーパーの学校(仮)」の講師の一人である「えんを描く」・小森利絵さん、千絵さんから応援メッセージが届きました!


「フリーペーパーの学校」では、様々なタイプのフリーペーパーを取り上げ

それぞれの制作者の方に講師になっていただき、直接フリーペーパー制作に込める思い、制作についてのあれこれを伺います。


”フリーペーパーの醍醐味手書きの風合い”として、今回のオンライン講座では

「えんを描く」をご紹介します! 


「えんを描く」は、「お友達にお手紙を書くような感覚」で母と娘さんで制作されているフリーペーパーです。なんと、毎回折り方が違う!(写真参照)。(店主)


□ 講師:小森利絵さん、千絵さん

母と娘(中学生)で、日々思ったり感じたり考えたりしたことを、友だちにお手紙を書くような感覚で書き綴っています。

えんを描くHP:http://www7b.biglobe.ne.jp/~loopdraw/freepaper/



講師 小森利絵からの応援メッセージ

私が初めてフリーペーパーを手にしたのは今から約20年前のこと。モノクロで印刷して二つ折りして、ホッチキスでとめただけの、紙の中に広がる世界・・・社会に対しての思い、とことん追求した興味、その人の哲学、創作小説など、つくり手の世界や情熱が色濃く表れていました。

「市販の雑誌ではなくても、個人でこうして発信できるんだ」「カフェや雑貨店などに置いてもらえ、誰かに手にしてもらえ、交流が生まれることもあるんだ」と衝撃&刺激を受けて、私もフリーペーパーをつくり始めたんです。

以降はフリーペーパーを通した表現&交流により、多様な視点に触れたり、つながりができて旅したり、思いを馳せられる人や場所が増えたりなど、いくつもの出会いや発見、きっかけ、つながりをいただいてきました。

「フリーペーパーを通した出会い、つながる場づくり」を多彩な切り口からされている、森さん。この企画で、各地を旅しながら、さまざまなきっかけを起こしていかれるのだと思います。その近い未来を想像するだけで、わくわく!

応援しております!!


この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?