2018/01/16 08:44

久しぶりの投稿です。

早いもので12月17日(日)のしみずノーギャップダンスパレードの本番から約1か月経ちました。改めて、実施したことについてチームで振り返りをする「振り返り会(反省会)」をおこないました。

参加された皆さんからのアンケートもチームで集計し、参考にさせてもらいました。

満足度(とても満足、満足)も90%頂いてまして、「ぜひ、また参加したい」「とても楽しかった」という声を沢山いただき、とてもうれしかったです。まさに私たちが大切にしていた「ダンスのちから」で笑顔になれる場を作っていけたのではないかなと思います。

キックオフミーティングから約3か月という短期間の中での準備と、CAMPFIREでのクラウドファンディングの実施は、メンバー一人ひとりにとってはやはり大変だったという声や、当日の運営についての細かいサポートが行き届かなかったなど色々な材料を挙げて、チームで共有しました。私たちチームメンバーは、「静岡大学アートマネジメント人材育成のためのワークショップ100」の受講生でもあります。今回の深い学びを、それぞれのフィールドに持ち帰って生かせたらと感じています。

今後についても同規模イベントとしての事業形態や、「しみずノーギャップダンスパレード」という冠が付けられないかもしれませんが、全ての人が、ダンスの楽しさを通じて「ノーギャップ」を広げていく試みは続けたいという気持ちでいます。

ふりかえり会の後、残れるメンバーで、改めて「しみずノーギャップダンスパレード」の動画を鑑賞しました!

↑写真だと非常にわかりにくいのですが、皆さんが本当に笑顔で楽しく踊っています!

改めて、セレノグラフィカのお二人の進行に感心するばかり。

動画でも確認しましたが、きっかり30分の本番でした。とても短い時間ですが、100人以上の方々と一緒にダンスパレードしたこと、すべての関わった皆さんの体験としていつまでも残っていただければ幸いです。

リターンの発送作業も残すところ1回となりました。

パトロンの皆さまには何かしらの形で収支報告をさせてもらえたらと思います。

報告は、くろだまでした。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?