2017/11/24 15:02

 ※『白書2017』の製作の過程を、「これまでのあゆみ」としてご報告します。

『お金の地産地消白書2017』では、取り組みの事例集を掲載しますが、その事例集を作成するにあたり、「対話」という形でゲストからお話を伺うプロセスを組み込んでいます。第3回目は、2017年11月2日(木)、東濃信用金庫のご協力により、丘に建つ素敵な会議室をご提供いただき、開催しました。

第3回目のゲストは、坂本忠弘さん(地域共創ネットワーク 代表取締役)、進行はmomo代表理事の木村真樹です。前回同様、坂本さんから、「『共通価値の創造』の課題」をテーマに、これまでの取り組みや、「共通価値の創造」とは何か、大事にされていることなどをお聞きし、その後は対話を通じて坂本さんのお話を深く掘り下げていく時間となりました。今回は、「momoの木村の夢を実現するワーク」と題して、ワークを通しても、「共通価値の創造」について考えました。(詳細は、ぜひ『白書2017』でご確認ください!)

 

そして、その後は委員による「ストーリーテリング」へ。「なぜ、いま、ここに」というテーマで、今回は東濃信用金庫の酒井さんのエピソードをお聞きし、その後は東濃信用金庫さんの「持ち込み相談」と続きました。

今回で、このような「対話」の機会は最後となります。これからは、対話を通じて得た貴重な情報を、原稿としてまとめる作業に移ります。みなさま、白書の完成をぜひ楽しみにお待ちください!

以上

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?