2022/01/23 07:00

おはようございます。

クラファンがんばる 白根です。


突然ですが、、

人が成長する上で、大切なことは


自分ごと化だと思います。


当事者意識がでてきて初めて人は学ぶようにも思います。


私も経営させてもらって、会社のこと


経営者のこと、その周辺のことについて、


当然自分ごととして生きています。


学生時代より経営者の時期が一番勉強しています。


大学生は社会人手前の時期、そろそろビジネスなどの大人としての社会に入る準備です。


社会に対して自分ごと化し始める時期です。


高校生、中学生は、というと、多くの人が大学へいくことが目的になりがちで


社会の「自分ごと化」がしにくい環境にあるといえます。


僕も、自他共に認めるくらい高校の時なんて何にも考えてなかったですね。


高二で理系選択して、数学が苦手すぎて、英語はもっと苦手で、(なぜ理系えらんだ?カッコ良さそうだったからです。)


理系のくせに、数Ⅲ、数Cのない学部を選んだ結果


、、農学部。

(今思うとナイスな選択だと思ってますが、あまりにも行き当たりばったり)


さて、


社会に出るイメージをもち、社会に対して「自分ごと化」ができるようにするには


体験するしかないですよね。


多くの人はアルバイトがその入り口だと思います。


自分ごと化しづらい代表例は


政治


私も、区長選挙のお手伝いして、首長選挙の大事さを知りましたし、


議員さんと継続してやりとりして、政治のことについて


興味を持って見るようになりました。


なかなか政治に興味を持てといっても、若い人に伝わらないのは、


経験してないから 身近に政治が感じられないから 


政治家が叩かれてばかりで、政治家になろうと思えないから。


などが理由ではないかな?と思ってます。


さて、


今、感じていることは、


若いうちに早いところ、自分の興味あることを体験して、


自分ごと化、を中高生で体験できれば


社会人になる前に、課題意識を持った行動ができるのではないでしょうか。


ヒーローアカデミーの活動では


2020年に、中高生が自分達が課題と感じることを探しだし


「子供のいじめ、虐待」


をテーマとしました。


ヒーロー六法できるまでの軌跡


テーマ対する、中高生自ら考える法律


「ヒーロー六法」


を作りました。


これは、法律やいじめや虐待などのキーワードを


中高生が自分ごと化、できたプログラムだと思います。


それは、弁護士などその道の専門家にも協力してもらい


自分達の知恵や考えや想い+専門家による社会で通用するプロセスにより、


中高生自身が感じる課題を


社会に通用する手順で製本まで持って行っています。


その活動は以下です

https://heroacademy.jp/kiseki/


今回、その「ヒーロー六法」をクラファンのリターンとさせていただいていますが、


中高生が手がけた、成長へのきっかけである


「ヒーロー六法」


の端々に、中高生の想いや成長を感じることができると思います。


何か想いのあることを若いうちに、自分ごと化、ができれば


課題をみつけ、課題解決にむけた活動も


できるようになると思います。


2022年も、中高生が、自分ごと化 できるプログラムがあるはずです!


是非、生徒さんのご参加や、企業のスポンサーもお待ちしています!


今、ヒーローアカデミーでは、活動の充実化と


サポートメンバーの充実を考え


クラウドファンディングのチャレンジをしています。


是非、寄付や、お気に入り登録、シェア、拡散、をお願いします!



この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?