2017/12/16 20:27
この様にして窯の中に入れ焼かれます!

 

写真は第6弾で登場したBowl L

ちょうど工場に行ったら窯づめしてるタイミングだった。

作品は棚板の上に置かれて焼かれます。器と器を重ねて焼いたりはしません。

棚板の上に棚板を置くために、白い柱があります。『つく』と言われる窯道具です。

さすが量産の工場!!無駄なく窯づめされている。

 

「つく」にもサイズが色々あって、この写真みてください。高さもギリギリ。プロの仕事ですね。

 

窯に入ったら24時間後には焼き上がってきます。楽しみです!

 

今日はマグカップの事ではなく、プレタラインの作品が焼かれている工場のお話しでした。

 

 

陶芸家  青木良太

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?