2018/02/19 15:35
祝!100人突破!

〆切間際ですが、ご支援いただいた方が100人突破いたしました!プロジェクト始める当初はこんなんホンマに集まんのかいなと思っておりましたが、蓋を開けて見れば3日で目標金額達成、100人以上の方に応援していただけているというこの事実。本当にありがとうございます。皆様の声援を良い意味でプレッシャーにして、レコーディングに臨みたいと思います。

収録曲目紹介も今回で最後です。毎回駄文にお付き合いいただき、また拡散にご協力いただきありがとうございます!

3種のクラリネットのためのトリプティーク / 伊賀拓郎

最後を飾るのは今回の目玉と言っていいでしょう。3種類のクラリネットを1曲の中で持ち替えるという離れ業で素晴らしい曲を書いてくれたのは伊賀拓郎さんです。三浦さん同様同世代の、ピアニスト兼作曲家ですが、この人ほど天才という言葉がしっくりくる人もいないなと思います。写真とかいつもこんな感じですが(笑)

最初に出会ったのは先輩ヴァイオリニストのライブでした。ジャズピアニストととして素晴らしいプレイをされていたので、名前を刻み込みました。次に会ったのはスタジオでした。こちらはプレイヤー、伊賀さんは作曲家という立場。以後、TVアニメの「緋弾のアリア」「魔法少女育成計画」「月がきれい」などなどたくさんの現場でご一緒させていただきました。

はじめは委嘱を受けてもらえるか心配だったんですが、「渡邊さんのでしたら」と快諾いただきました。僕からのオーダーは、エスクラ、B♭クラ、バスクラ全てを使った曲をお願いしますということだけです。あとは伊賀さんのセンスにお任せしました。

トリプティークなので3楽章構成です。1楽章エスクラ、2楽章バスクラ、3楽章バスクラ→クラリネット→エスクラという構成になっています。全体のイメージはスパニッシュ、アラビック、ジャズの混合ということで、全編通して異国情緒あふれる作品。

1楽章はエスニックな美しい旋律がエスクラの音色にピッタリです。どこかノスタルジーを感じさせるところもあり、和を感じる瞬間もあるという、何とも不思議な雰囲気を持つ楽章になりました。

2楽章はバスクラでジャズの割合が強めなスローバラードに。メロディ楽器としてのバスクラによる表現力が試されますね。最初にデモ音源送られてきた時に一発KOされました。かっこよすぎです。

3楽章はまずバスクラでのベースリフからB♭クラの変拍子フレーズとオリエンタルな雰囲気を持つカデンツァ、疾走感溢れるエスクラへと切れ目なく駆け抜けます。そこかしこに魅力的なフレーズが散りばめられていて、とにかく早く聴いていただきたいです。

そしてこれもやはり特筆したいのですが、本人自らが技巧派ピアニストということもあり、全編にわたってピアノのフレーズもめちゃくちゃかっこよいです。

 

冒頭にも書きましたが、ここまで駄文にお付き合いいただき誠にありがとうございました!今後の活動報告はリハーサル、レコーディング、MIXの裏側なんかをご報告できればと思います。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?