2022/04/26 21:00

発達女子のちゃびんです。
残すところ、後3日となりました。
ラストスパート、と言いたい所だけど、足踏みをしています。


今一度のシェアを、よろしくお願いします。
https://camp-fire.jp/projects/view/553456


ここまで、応援してくださった方々には、この場をお借りして、お礼をお伝えします。
本当に、ありがとうございました。

今、精神科医の星野仁彦先生と夏目祭子さんの対談本
「依存症の正体ーアダルトチルドレンとADHDの二重奏ー」(VO I C E社刊)
読み始めたところです。


数年前、「カサンドラさんって共依存では?」と考えてみたんです。
(ちゃびん式共依存チェックリスト、なんてのも作ってみました)


だって、こんなに大変なパートナーの側にいて、
逃げずに尽くしてるって、謎すぎました。

無力化されているとも思いました。
軟禁されている(誘拐された)人が逃げられないのと似ています。

自分の気持ちより、相手を優先するパターンに、
何人かの方はご自身で気づかれ「私はアダルトチルドレンかも」と言われ、
ある方は「夫がASDで子どもがADHD、、、私もADHD傾向がありそうですね」と言われたり。

その両方を持っていると、益々大変かも⁈


内容をザックリ書くと
「あるがままの現実や裸の自分と向き合えず
『直面化』を怖がっていて、逃避している」状態。


自分で自分の感受性を麻痺させて、耐えている状態が恒常化している。


ここから、抜け出すには、
内側から湧いてくる「快・不快」「要・不要」
といった感覚を丁寧に自覚する練習を続けることが有効、
とのことです。(一部本より要約&抜粋)


気になる方は、是非本を読んでみください。


で、いきなり好きなことをすればいいのよ、
と言われても、思い出せないし、
好きなことなんてやったことないし、
急には難しいので、ハンドメイド部を作ってみんなでワイワイやってるのです。


ここで撒いた種が、いろんな花を咲かせ、果実になっていきますように。

応援いただいた資金を元に、夢の第一歩を踏み出したいと思っています。


追記

アダルトチルドレンだったと気付いた時に、
辛い気持ちになることは自然なことです。

でも、否定はしないでほしいです。
何故って、その時には他人優先で生き延びることができた、
ご自身の工夫だったわけです。

そのやり方が
今はうまく機能していないことに気づいたのですから、
今から生き方を探しましょう、変わっていきましょう、
でいいんじゃないかと思うんです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?