2022/03/21 12:47

2月16日にスタートした、CAMPFIRE(クラウドファンディング)栗の木のオーナー募集「しまんと地栗植樹プロジェクト」が、目標金額を達成しました!

全国各地から、たくさんのご支援を賜り誠にありがとうございます。

(大きくて甘い四万十の大切な資源「しまんと地栗」)

四万十の一次産業を、後世に繋ぐ仕組みづくりを目指す「しまんと流域農業organicプロジェクト」の第一歩でもある、しまんと地栗を耕作放棄地に新たに植えるこの取組み。


お陰様で目標金額には達しましたが、プロジェクト期間の終了まであと4日残っております。3月25日まで引き続き募集しておりますので、まだプロジェクトをご覧になっていない皆様はぜひ本文をご一読頂ければと存じます。


また、既に応援頂いている皆様におかれましても、ぜひお知り合いの方々へもこの取組をご紹介いただければ嬉しい限りです。


(栗園を山から耕作放棄地の平地へおろすのも目的の一つです)


地域の大切な資源である「しまんと地栗」は、そのほとんどが管理の難しい山の急斜面で栽培されているため管理が難しい上に、生産者の高齢化や後継者不足でこのままでは栗産業が消滅してしまうかもしれない...


そんな想いでスタートさせたプロジェクトですが、平地の耕作放棄地を耕運して土づくり、実際に初年度も栗の木200本をみんなで植えてみて、本当に“やるなら今しかないラストチャンスだ”と栗再生への気合がみなぎっております。


プロジェクト終了の3月25日まで残り4日

最後までどうぞ宜しくお願い致します!! 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?