2018/02/11 22:57

 

パトロンの皆様、お世話になっております。

2月のはじめに、無事皆様からのご支援で、シエラレオネ NPO法人アラジとしてオフィスを契約することができました。

3部屋まるまる2階を賃貸いたしました。家賃は年間5,000$一括の支払いが完了しております。

首都フリータウンの本当にコットンツリーの近くです。先週、クリーニングが終わって、鍵を受け取って、ひとまずは帰国します。

クラウドファンディングのネクストゴールとして設定させていただいておりました、半年分の家賃で女性たちの職業訓練所として機能していく予定です。ご支援ありがとうございました 。

(オーナーや仲介人とのやりとりは、本当にアフリカスタイルで大変でした。基本的に「え?」という場面で足代や食事代を請求されたり、基本的には2人とも約束の時間には来ません!笑 「娘を小学校に迎えにいってて…」「道路が渋滞で…」渋滞なんて、私よりあなたたちのほうが知ってるでしょ!と思わずいいそうになりましたが、ずっと今回の渡航で一緒に働いてきたマネージャーが「Time is money!!」と2人に怒ったのをみて、私は吹き出してしまいました。。。ごめんね、マネージャー。。。)

ひとまず、決断。に至るまでに支えてくれて、全部アテンドしてくれたマネージャーのダディには本当に感謝してます。※写真は今回契約したオフィスの隣にあるローカルレストランでねぎらいの食事タイム中のマネージャーです。ちなみに私の嫌いなにんじんも食べてくれています。

 


オフィスのもう1つの役割として、ゲストハウスを運営したい!と思っています。ブログ経由で数多くの旅人や関係者から「シエラレオネの歩き方」をお伝えしてきましたが、ゲストハウスを運営することで、より多くの日本人や外国人を案内し、シエラレオネで安全に楽しく過ごせる観光客を増やす!ゆくゆくはインターンも募集するかもしれません。

 

法人の決算&総会のため明日12日にシエラレオネを出発し、14日バレンタインの日に、日本に戻りますが、5月にまた帰ってきます。

今回一番の成長を見せてくれた

若手テイラーのユニサ

ネクタイを作ってくれたファラーさん

若手テイラーへの指導も

ありがとうございました!

WEBショップに商品が上がるたびに

飛び跳ねて喜んでくれるみんな

 

今回の渡航で、20人以上の日本人政府関係者やシエラレオネで働く方たちにお会いすることができました。すごくいいタイミングだったと思います。お会いした皆さんが口をそろえて言うことがあります。それは、「シエラレオネの人たちは温和で本当に親切だ」ということです。

私も、4度目の挑戦でやっと、シエラレオネが本当にいい国だと気付きました。もっといろんな人に来て欲しい!そして、サポーターの皆さんのご支援を使わせていただくからには、着実に見える成果を今後も丁寧に発信していきます。

 

NPO法人アラジ

代表理事

下里夢美

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?