こんばんは!村長の堀元です!

早いもので、このクラウドファンディングもとうとう残り50時間ほどになりました。

 

 

 

現在までの支援者は52名、金額は551,500円となっています。

皆さん本当にありがとうございます。皆様からの温かいご支援や温かいメッセージに感動しっぱなしでございます。

 

そして、なんとしてもこの週末でラスト15万円を集めきり、露天風呂作りを実施できるようにしたいと思います!

 

さて、本日お伝えしたかったメインテーマは上記の内容なのですが、クラウドファンディングをなんとしても成功させたい!という気持ちをアピールすべく、象徴的な写真を一枚貼っておきます。

こちらは、先日、村民たちが上水道作りをするべく、ハードな荷物搬送を行っているところです。

重たい荷物を持って、険しい道を進むというハードなミッションだったのですが、無事やり通せました!ほとんど全員おじさんだったとは思えませんね!

 

さて、あの村では、【創造こそが娯楽】という信念のもと、皆が各々楽しみながら勝手に村を発展させていっています。

今回も、僕らがお願いした訳でもないのに、「お風呂作るときにも役に立つから、上水道作っておこうぜ!」と動いてくれました。

荷物を運ぶハードなミッションも、全然嫌そうじゃない(むしろ楽しそう)なのが上の写真から伝わってくると思います。

 

荷物を運んだり、問題を解決するために何かを作ったり…という行動は、「ツラいこと」とか「仕事」という認識が皆さんにはあるかもしれません。

しかし、自由に、アイデアを出し合いながら、楽しく進める村作りは、完全な娯楽です。

 

そして、今回のお風呂作りはその娯楽の楽しさを、皆さんに存分に楽しんで頂けるチャンスなのです。

村民たちが娯楽で作った上水道を活かして、皆が娯楽でお風呂を作り、娯楽で薪に火を焚いてお風呂を沸かす。そしてもちろん、娯楽でお風呂に入ります。

 

そんなあの村の楽しすぎる【娯楽生活】を、是非皆さんに味わって欲しいと思っています。

そのために、残り15万円を日曜日の23時59分までに集め切らねばなりません。

 

少しでも理念に共感いただけた方、3000円でも構いません。ご支援頂けると本当に、本当に助かります。

また、お金を出すのははばかられるという方、SNSで拡散にご協力頂けるだけでも、心から感謝します。

 

残りのお金を集めるために、どうかご協力をよろしくお願いいたします。

 

”あの村”村長 堀元