2022/05/14 17:45

こんにちは!立命館大学経済学部2回生の堀尾琴音です!

 

私がIROHAに入ったのは「とりあえずやってみよう!」という気持ちからでした。ボランティアや国際協力に興味はあったものの、IROHAに入る決め手として正直特別な理由があったわけではなかったように思います(^^; ただ直感的にとても惹かれたんです。

 

「私は性格上、どちらかというと同じことを根気よくやり続けることよりも、新しいものやまだ経験したことのない未知のものに出会ったり、挑戦してみることが好きです。」

と、今なら堂々と言えますが、IROHAに入る前までは、「好きな言葉は、継続は力なりです。」と言っていたほど自分に向き合わずに、凝り固まった固定概念のようなものに縛られ、自分の可能性を決めつけていました。

そんな私にとってIROHAに出会えたのは本当に幸運で、有難いことでした。IROHAには、自分の興味関心に沿ってどんどん新しいことに挑戦するチャレンジャーが沢山いて、その一人一人に個性があって、日々刺激をたくさん受けています。

同様にIROHAは、何か新しいことを始めようとする人に対して本当に温かく受け入れてくれる場所です。そんなIROHAに出会えた今だからこそ、自信をもって自分の考えや思いを主張できたり、安心して新しいことに挑戦できるようになりました。

 

何か一歩を踏み出すことや、少し変わったことをすること、周りの人の評価が怖かった私は、IROHAのおかげで前よりもずっと自分らしくいられるようになった気がします。こんな素敵な居場所を見つけられたのは、あの日私が小さな一歩を踏み出せたからです。“迷ったらやってみる“ことの大切さ、楽しさをIROHAに教えてもらいました。

 

このクラウドファンディングを通して、カンボジアの子どもたちが、私と同じように、もっと自由に、やりたいことに挑戦できる、より良い環境を作りたいと思っています。ぜひ一緒に一歩を踏み出してください。ご協力よろしくお願いします!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?