2022/06/07 12:41
こんにちは!

『MORGEN cafe and gallery +』の岡田です。

本日は、ショップロゴとデザイナーについてご紹介します。

ロゴについて

『MORGEN cafe and gallery +』のロゴは、敢えて日本のカフェっぽくない(!?)スタイリッシュでモダンな雰囲気で「ベルリンらしく」作ってもらいました。

というのも、店名の『+』にあるように、カフェでの飲食だけにとどまらず、ギャラリーやキッズスペース、アーティストによるワークショップなどのイベントを通して、地域コミュニティを広げて、プラスの方向に転じていきたいという想いがあり、カフェであるだけでなく、ギャラリーであり、プラス、コミュニティースペースでもありたいからです。

そのような私の想いを見事に反映させていただき、『MORGEN(モルゲン)=』にふさわしい、美しい朝日の色であるオレンジをアクセントカラーとして、『+』が描かれています。

シンプルな字体で読みやすく、スタイリッシュでカッコよく、元気カラーのオレンジがジューシーで、とても気に入っています。

logo_head

デザイナーについて

この素敵なロゴデザインをしてくださったのは、ベルリン留学時代からの12年来の友人で、 グラフィックデザイナー/DJの、Takashiさんです。


Takashiさんは、日本のみならず、ドイツなどヨーロッパをはじめ世界で活躍されています。そして、何を隠そう、Takashiさんは、世界最高峰のテクノクラブともいわれるベルリンのBerghain(ベルクハイン)で、2度もDJをされているのです!!

(私が留学でベルリンに行きたかった理由のひとつが、このBerghainでした。笑)

このミステリアスなマスクの下には…シュッとした気さくな大阪人が隠れております!!!

ベルリンでは、語学学校で出会い、WGにご飯を食べに行ったりKneipeに飲みに行ったり、サッカーを観にいったりクラブに連れていってもらったりと…なんせ12年も前なので、記憶が曖昧ですが(笑)ベルリンの先輩としていろんなことを教えていただき、大変お世話になりました!

帰国後も、東京や大阪でお会いしては、 留学時代の思い出を懐かしく話したり、何度も仕事で渡航しているTakashiさんのドイツ・ベルリン話を聞かせていただいたりと、交流を続けておりました。また、制作に携わらせていただいたこともあり(ドイツのアーティストのインタビュー記事の翻訳をさせていただきました)それはそれは貴重な経験をさせていただきました。 

Takashiさんの手がけるデザインは、アンダーグラウンド系からポップなものまで、制作物もフライヤーからレコードカヴァーまで本当にオールマイティーで、そのアートワークは本当にクールでカッコイイのです。 詳しくは、彼の公式サイト(http://takashimakabe.com/)をご覧ください!

このように、現在進行形でワールドワイドな活躍ぶりを見せるTakashiさん。こよなくベルリンを愛する者のひとりとして、憧れと尊敬の念を抱いております。

私の中では、ドイツ・ベルリンのデザイナーといえば、Takashiさん。実は、カフェをすると決めた時から、ロゴデザインはTakashiさんにしてもらうと勝手に決めていたのでした。そういう意味では、ここでもひとつ夢が叶ったことになります。

Takashiさん、本当にありがとうございます!!!


応援メッセージ

さらに、応援メッセージまでいただきました!以下に紹介させていただきます。

————————————————————————

ロゴ製作のご依頼ありがとうございます。
少しでも力になれていたら嬉しいです。
お店すごく期待してます!!

————————————————————————


以下、Takashiさんのプロフィール・公式サイトです。

Takashi Makabe (http://takashimakabe.com/

グラフィック・デザイナー。美術展示/映画チラシ、音楽作品のカヴァーから書籍まで、多岐に亘ってデザインを手がける。Bedouin Recordsのアート・ディレクション、Club Circusのグラフィック・デザイン、Ryo Murakami主宰Depth of Decay、小柳カヲル主宰Suezan Studioなどの諸作に携わる。書籍では『WARP 30』、『フューチャー・デイズ──クラウトロックとモダン・ドイツの構築』、『クラウトロック大全』などのデザインを担当。異色のDJとして、2018年にドイツ・ベルリンのBerghainで開催されたBedouin Records Label Showcaseに出演。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?