2018/03/15 22:41

こんにちはバンダイナムコスタジオの樺島です。

パトロンの皆様たくさんのご支援、本当にありがとうございます!お陰様で第一弾のフルコースチョコレートは目標を大きく超えることができています。スタッフ一同驚いております!!

さて、今回も「未体験チョコレートスタジオ」に関係しているクリエイターの方にインタビューを行っていきたいと思います。

2回目はフルコースチョコレートのARアプリのディレクターを担当して頂いた、高子 佳之さんにインタビューをしてまいりました。

樺島:早速なんですが。今回のARアプリ作成の経緯を教えてください。

高子:当初からフルコースチョコレートにAR機能を付ける事は決まっていたのですが、打合せの中で、フルコースチョコレートを一つ一つ紹介してもらいながら食べさせて頂く事があって、本物のフルコースの様に説明を聞きながら食べると凄く満足感があって。とても贅沢な気持ちになったんです。この体験をお客様にも届けたいなと考えました。

樺島:確かにお店でシェフの方に料理を説明されて食べると更に美味しく感じますよね。コース料理の様にチョコレートを一つ一つ丁寧に食べるという行為を自宅でも楽しんでもらう、その体験をアプリを通して実現させることを目指したわけですね!

●コースメニューを開いてアプリを起動させるとメニューの説明が始まります。

 

樺島:実際のメニューの説明は小野シェフにして頂くんですよね?

高子:はい、実際に撮影をさせて頂きました。アプリ上で各チョコレートの特性やこだわりを紹介してもらうようにしています。

撮影の際、アプリの試作品を見てもらいディスカッションをさせてもらいました。チョコレートの製法や、科学的な味の説明など、色々なお話を聞かせて頂き、アプリの演出のアイデアを膨らませました。

 

樺島:ありがとうございます!アプリももうすぐ完成ですね!ラストスパート頑張りましょう!

パトロンの皆様。引き続き「未体験チョコレートスタジオ」をよろしくお願いいたします。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?