2022/09/08 16:41

今回は、岩手県久慈市にある「NANAMARUNI COFFEE」を紹介します。

NANAMARUNI COFFEEさんは、岩手県久慈市にある2018年にオープンした来店されたお客様が『おしゃれ』と必ず言ってくれるような店作り、メニュー作りにこだわったカフェになります。

営業日は、水曜日〜月曜日の 10:00~20:00 火曜日が定休日となっています。

毎月毎に変わる珈琲と紅茶とフローズンドリンクが人気のメニューになっており、毎回Instagramにて紹介されています。


気になる方はぜひチェックをしてみてください。


マスターからのお店のPRポイントは、「珈琲だけでは無く、すべてのドリンクにこだわりがございますのでカフェという素敵な空間で一つ一つ味わって頂ければ幸いです。
もちろん珈琲は、拘っていますがそれ以上にカフェという空間の素晴らしさを少しでも多くの方々に知ってもらいたいと思っております。」



ドリンクへのこだわり、空間の素晴らしさなど写真では伝えきれないところがたくさんありますので、一度足を運んでみてください。

実は、NANAMARUNI COFFEEさんがオープンする際に店内にある家具の一部を当店から購入して頂きました。

そのときからのご縁でクラウドファンディングのページにもあるように、ポップアップをさせて頂いたこともあります。

今回、私たちが実店舗オープンや、クラウドファンディングに挑戦をするとなったときにもNANAMARUNI COFFEEのマスターにお話をお聞きしたりなど、色々な縁のきっかけになったお店でもあります。


マスターには、今回ネットを通じての取材となりましたが、色々と教えて頂きました。

カフェを開こうとしたきっかけは「那須のSHOZO CAFÉ」さんだそうです。
「そこは、山奥なのにおしゃれな人が集まり、そしてSHOZO CAFÉ の周りでそのカフェに関わっていた方々がお店を出していました。

これはもう街づくりなんじゃないか?とその時思い、街づくりや地域発展の事業などに興味が湧きました。

『久慈市にもこんな場所ができたら』と思うようになり、その『きっかけ』になるため久慈市でカフェを開きました。」

これからの展望については、この様に語ってくださいました。

「これからは久慈市に『付加価値』をつけたいと考えております。『久慈市にもこんなおしゃれなとこあるんだ?』とか『702 があるから久慈市に行ってみようかな?』とか、、、

久慈市に若者が集まる場所が一つでもあると他の栄えた地域の方々も目を向けてくれると思います。702 があることで他地域の若者からも『つまらない街』では無く『702 がある街』に徐々に変化させていきたいと思います。SNS を利用し近隣の街に久慈市に来る『ワクワク』のきっかけとなるように今後も店内装飾、そしてメニューのレベルアップを図り、久慈市以外のお客様をターゲットとし702 は違う視点から久慈市を盛り上げていけたらなと思います。」


この展望について、私たちは同じ思いを「一戸町」に「BERRY-KAGU」に抱いています。

市や町は異なりますが、同じ岩手県内で志が同じお店があることで、仲間がいる安心感や嬉しさ、そして自分たちも続いていきたいと思うことが出来ます。

私たちが一戸町でこの挑戦をすることで、同じような人たちが出る「きっかけ」になれたら良いなと思いました。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?