以下の返礼品が完成しましたので、ご報告させていただきます!

■「ロボットガールズNEO」Blu-ray
クラウドファンディング版は、一般発売版とは異なるジャケットデザインとなっております。

■NEOの真実(ロボガ暴露本)
A5サイズ・16ページ

※暴露本につきましては、昨年実施のイベントで直接お渡しした方を除き、「ロボットガールズZフェスティバル2015」朗読劇台本(昼の部、夜の部の2冊)と共にお送りします。
朗読劇台本は、当時の出演者が使用したものに限りなく近い状態で復刻をしております。

■ZちゃんのキャラソンCD

発送開始まで、あと2日!

皆様、あと少々お待ちください!!!

真冬の寒波が関東にもやって来た、去る12月8日(土)都内某所にて、【ロボットガールズZ ぷちキャラショートアニメ完成披露上映イベント】が行われました。

上映終了後のイベントでは、司会進行「ロボットガールズZ」Zちゃん役の本多真梨子さんの紹介で、同じく「Z」からグレンダさん役の荒浪和沙さん、ガラダK7役森下由樹子さん、「NEO」からZちゃん役の木野日菜さん、グレちゃん役の萩原あみさん、グレンダちゃん役井澤美香子さんが登壇。

本多さんと木野さんは前日に登壇衣装がかぶらないように相談したにもかかわらず、まったく同じ服装で登場し、Zちゃん同志の脅威のシンクロ率を見せつけました。すると荒浪さんから井澤さんと同じグレンダ系衣装(黄系)が用意できなかったことの釈明として、台風の日の洗濯干で服装があらかた紛失したという驚愕のエピソードがぶっこまれました。「ロボットガールズZ」ぷちキャラショートアニメの話題では、アニメの久々のアフレコ収録が楽しかった話や、オンラインゲームで人気のキャラクター「プロト姉さん」「地獄大元帥」がアニメ初登場となったことについては、演じられている橘田いずみさん、今野宏美さんがアニメキャラクターととても近いという話題で盛り上がりました。

 また、今回のクラウドファンディングで登場させたいキャラクター選択権で登場したポセス02については、かつて初登場した時にはこれほど台詞がなかったことを収録現場で洲崎綾さんが漏らしていたことや、木野さんが劇中でかかるポセス02のキャラソンが可愛くて思わず購入してしまったというエピソードも。

またクラウドファンディングでご自分を登場させる権利をゲットしたパトロンのかたが登場するシーンについては、当初台詞なしで登場の予定が、脚本に台詞が加えられたことによりアフレコまで体験、アドリブまでこなし素人とは思えない演技が披露されており、キャスト一同驚きの声を挙げていました。

 また劇中これみよがしに登場するサイト画面に関してもクラウドファンディング中“太いお客様お待ちしてます”プランという企業を想定した高額プランを支援したかたのWebサイト。個人のお客様でしたが、運営されているサイト ~デジモノに埋もれる日々~ をご紹介させていただく形での登場となりました。

トークがひと段落したところで、舞台上に謎の狼のマスクをかぶった女性が乱入。最近のロボガキャストたちの緩いトークを見かね、厳しい口調で責めたてる(小芝居)その女性の正体は、東映ロボットガールズでダンダンを、またロボットガールズZでもトロスD7を演じる喜多丘千陽さん。現在は声優活動は引退され北海道在住だが、今回のクラウドファンディングでオンラインゲームで登場させたいキャラクター選択権でトロスD7が選ばれ、そのアフレコのために上京されているタイミングということで、久々のロボガイベントへのご登壇となりました。

喜多丘さんの進行でバラエティコーナーに突入し、チームZとチームNEOに分かれ対戦、敗れたほうには罰ゲームというお決まりの展開に。

第1ラウンドは玉入れ対決。同じくクラウドファンディングで“スタッフとしてこき使われる”権利を獲得した二人のパトロンが持つカゴの中にボールを投げ入れるというもの。

ステージ上から客席後方にいるパトロンお二人に向けてキャスト一同全力でボールを投げ続け、時にお客さんに直撃するという期待通りの酷い展開に。結果この競技では

Zチーム:NEOチーム 50点:60点という結果でNEOチームがリード。

第2ラウンドは 検索チャレンジという競技。第1ワードに、追加検索ワードをチームそれぞれが足してゆき、3人、3語を足した時点で、検索件数が500点以下になるように挑戦するゲーム。500件を下回らない場合は得点なし、下回った場合は検索件数がそのまま得点となるというルール。

NEOチームに出されたお題は“パワハラ”(1480万件)。井澤さんが“メガネ”と追加するも179万件と大きく数字は下がり、萩原さんが目についたものからの連想で“●●●銀行”と悪意なく入れると6万8千件ほどに。木野さんがとにかく数字を下げるために先程の競技から“玉入れ”をセレクト、追加すると結果185件とナイスな数字に。

続くZチームへのお題は“婚活”(5千万件)。様々な思いがキャスト・観客の頭をよぎる中、森下さんが追加ワードとして“本多真梨子”を挙げると一気に2千件台に数字が下がり、続く荒浪さんは“年収”と追加することで670件に。トリを務める本多さんが逡巡のあげく迷った末に“かわいそう”と指定すると203件という数字となりました。

結果第一ラウンドではチームNEOがリードしていたものの合計

Zチーム:NEOチーム 253点:245点 という結果となり、Zチームが僅差で逆転勝利をつかみとりました。

その後敗れたNEOチームには過酷な罰ゲームを披露、なぜか勝者のZチーム荒浪さんも挑むなど爆笑のうちにバラエティコーナーは終了となりました。

コーナーが終わると喜多丘さんから特別映像があるというアナウンスが入り、会場は暗転。事前に喜多丘さんに説明されていた、来年へ向けての「ロボガプロジェクト」の映像が入る旨の説明とは異なる映像が流れ出し、これまで喜多丘さんが出演されたロボガイベントの映像とともに彼女のちょっとだけ先の誕生日を祝うお祝い映像が上映されました。映像に感極まったのは喜多丘さんのみならず、木野さんまでが号泣してしまいましたが、ハッピーバースデーの曲とともに、会場にお越しのパトロンの皆様の掲げるサイリウムをローソクの代わりに喜多丘さんが吹き消すという形で祝福し、イベントは幕を閉じました。

以下の返礼品が完成いたしましたので、ご報告させていただきます!

■一文字色紙(本多真梨子さん直筆)

■Zちゃんのフルボッコ目覚時計

■川上哲也描き下ろしサイン入り色紙

■砂川正和描き下ろしサイン入り色紙


発送は、12/8のキャスト登壇イベントに参加されたお客様を除き、
その他の返礼品とともに、2019年1月末を予定しております。

本プランを選ばれているパトロンの皆様は、楽しみにお待ちください!

「ロボットガールズZ」新作ぷちキャラアニメーションにつきまして

返礼品としてお選びいただいているパトロンの方々の
お名前を掲載させていただくエンディング画像をアップさせていただきました。

※順不同

※【大】記載のパトロンの方を除く

記述に誤り、不足等ございましたら、2018年12月12日(水)までに、下記までご連絡ください。

rgz@toei-video.co.jp


ご確認のほど、よろしくお願い申し上げます。


ロボットガールズ研究所

大変長らくお待たせしました!!皆様のご支援により製作いたました「ロボットガールズZ」ぷちキャラアニメーションが、ついに完成いたしました!改めて、このたびの皆様のご支援に、御礼申し上げます。

作品には、チームZ、地下帝国の面々に加え、“好きなキャラクターをアニメに登場させられる権”のご指名により登場するポセス02、そして【ロボットガールZ ON LINE】で人気のキャラクター、プロトゲッターと地獄大元帥がアニメに初登場することが決定いたしました!

・・・・・・・・・・登場キャラクターのキャストコメントも到着!

●クラウドファンディングで集まった資金で制作された今回の「ロボットガールズZ」、アフレコ収録を終えてのご感想。
○来年で10周年を迎えるロボットガールズプロジェクト ファンの皆様へのメッセージ!
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
本多真梨子【Zちゃん(マジンガーZ)】
●最初は「ロボットガールズZ」でこんなに長くZちゃんを演じさせていただけるとは思っていなかったので、ファンの皆さんのお力で、今なお続けることができるという本当に素敵な作品だなって思っています。ありがとうございます!
○正直クラウドファンディングのお話を聞いたときは、絶対集まらないよ、やめようよ、と思ったんですけど、最初の目標金額からはほぼ10倍くらいの金額が集まったと聞いて、そこまでたくさんの気持ちに支えられてこの作品が成り立っているんだなって思ったら改めてファンのひと達に感謝しかないとひしひし感じながら今日は収録しました。ほんとに、これからも、もう10年くらい、細々と続けていきましょう!よろしくお願いします!

水瀬いのり【グレちゃん(グレートマジンガー)】
●久しぶりにグレちゃんを演じることができて楽しかったです!
あいかわらずのロボットガールズZ、いい意味で変わらない、はちゃめちゃ感が懐かしく心地よかったです!
○私も10代の頃からお世話になっているコンテンツなので長く愛されていること、とても嬉しく思います!これからもゆるーく、時にかっこいいロボットガールズZたちをよろしくお願いします!

荒浪和沙 【グレンダさん(グレンダイザー)】
●またロボガの世界に戻れて、すごく楽しかったです。でも、やっぱりボコボコにするんだな…。クラウドファンディングらしい、自由で、面白い作品になったかなと思います。
○3カ月毎に『嫁』が変わったりする中で、ファンの方がずっと応援し続けてくださっている作品は、本当に珍しい!ファンもスタッフも終わらせたくないという想いで一丸となって作られている作品だなと思います。特に今回、ファンの皆さんとクラウドファンディングを通じて一緒になれたことが、本当にうれしく思っております。これからも末永く、20年、30年、40年よろしくお願いします。

久川綾【あしゅら男爵】
●ゲームの収録でキャストやスタッフさんとは定期的にお会いしてましたが、クラウドファンディングのことを聞いてビックリしました!それだけファンのみなさんが待っていてくださっているから、凄いお金が集まって実現したことを知ってありがたい!と思いました。
○10年の節目で、ロボットガールズのプロジェクトに参加出来たらそれはホントに嬉しいのでよろしくお願いします!

東山奈央【ダブラスM2】
●ロボガってすごくポップで、勢いで突っ走っていく感じで、見ていて爽快で気分もフワッと軽くなるんですよね。皆さんもその爽快感をずっと何年も楽しみにしてくださっているからこそ、びっくりするほど大きな投資をロボガにしてくださって、皆さんの力を合わせればこんな大きなことができるんだなって感動しました。
ダブラスは左右で演じ分けるという当時なかなかない経験で、いろいろ考えながらやって、いっぱい家で練習してたなって思い出しました。
○いい意味で、このしぶとさがロボガっぽくて、好きだなと思いますし、ファンの皆さんにも根強く応援していただいている作品なので、私も一生モノな作品な気がしているので、これからも何が起きるかわからないなと次の展開を楽しみにしています!

森下由樹子【ガラダK7】
●私は初めて経験したアニメーションのアフレコがロボガZでした。私にとってロボガってすごく大切な作品なんです。ですから今回クラウドファンディングでま たガラダK7を演じさせていただくことができ、本当に嬉しいです!ロボガファンの皆さんありがとうございます!今回も地下帝国の家族のような温かさに癒さ れますよ!末永く見守っていただきたいです!
○みなさまのおかげでアニメーションができました!ロボガ愛、素敵です!最高です!地下帝国も、皆様の愛で鍋を食べつつ、細々と生きていきたいと思います。ありがとうございます!

内田真礼【ゲッちゃん(ゲッターロボ)】
●久しぶりにゲッちゃんが演じられて、すごくうれしかったです。プロト姉さんとも初めて絡めて「お姉ちゃん、いたんだ」って!久しぶりに参加させていただいたたら、世界もすごい広がっていて、色々な方に愛されて続いていることを、とてもうれしく思います。
○私自身は、「ロボットガールズZ」からの参加で、コスプレ衣装着たり、歌を歌ったり、色々なことをさせていただいて、ゲッちゃんもとても愛着のあるキャラクターです。10年目という節目で、またさらなる展開が動くことを期待しています。


橘田いずみ【プロトゲッター(プロトタイプゲッター)】
●プロト姉さんはオンラインゲームの収録で何年もやってきたキャラクターだったので、アニメで出してくれることが、すごくうれしかったです。
○アニメには出ていないキャラクターだったのに、プロト姉さんが好きという方がファンの中に結構いらっしゃるとお聞きしまして、とてもうれしいです。10年も続く作品って、本当にないと思うので、おばあちゃんになってもプロト姉さんを演じられるように頑張りますので、これからも応援よろしくお願いします。そして、(Z第6.5話出演の)ミヤリーちゃんもまた出してほしいです!

洲崎綾【ポセス02】
●ポセスはこれまでのアニメでも、こんなにしゃべったことがない感じの健気なキャラクターだったんですけど、地下アイドルを経て復活するとは思いもしませんでした。ポセスを推してくれた大富豪の人、ありがとうございました!ポセスのキャラソンも、自分でも気に入っていたキャラソンだったので、今回アニメのなかでもかかるので、すごく嬉しいです!どうか楽しんでください!
○アフレコに参加して癒されるというか、すごく優しい気持ちになれる素敵な作品だなと改めて感じました!クラウドファンディングでアニメって作れるんだという感動があって、第2回があったら是非またポセスに清き1票を!

今野宏美【地獄大元帥】
●アニメで動いている姿が初めてだったので感動しました!台本を読ませていただいたときに“クラウドファンディング”という言葉を見て、私も“クラウドファウンディング”だと勘違いしていた時期があったので、あ、同じような間違いをしているキャラクターがいると思って、ちょっと嬉しい気持ちになりました。
○アニメに出演することができるなんて夢にも思っていなかったのですごく嬉しかったです。動く姿を楽しんで頂けたらなと思ってます。いやーすごい、すごいよ、ロボットガールズ!また期待しています!



新作「ロボットガールズZ」ぷちキャラショートアニメを収録したBlu-rayは
以下の仕様にて制作いたします。 

・・・「ロボットガールズNEO」Blu-ray仕様…
本編40分(予定)+映像特典/2層/リニアPCM(ステレオ)/16:9【1080p Hi-Def】
<収録作品>
●「ロボットガールズNEO」ぷちキャラショートアニメ
第1話「なんてこったい、未来の光子力! 新生! チームZ!」
第2話「えーっ!? ゲッター学園のお嬢様!? 参上! ゲっちゃまイーグル!」
第3話「お姉さん、あなたは一体何者ですか? 登場! シスターヘル!」
●「ロボットガールズZ」ぷちキャラショートアニメ
#1-#3
<映像特典>
◆「ロボットガールズスペシャル 2018年プロジェクト大発表だZ!」【フルサイズver】
(出演:本多真梨子、水瀬いのり、荒浪和沙、西連寺亜希、木野日菜、萩原あみ、井澤美香子)
<封入特典>
◆ブックレット 

Blu-rayを含む返礼品の発送は2019年1月末を予定しております。
詳細な日程が固まり次第、別途ご報告させていただきます。 

なお、「ロボットガールズNEO」Blu-rayは
2018年3月6日(水)に一般発売いたします。(4,800円+税)
※クラウドファンディング版は、一般流通版とジャケットのデザインが異なります。