2018/03/18 14:05

 

「太古の太陽」とは、僕らが見ているお日さまのことではなく、

宇宙が始まった頃のはるか前に存在した大いなる太陽。

つまり、「太古の太陽」とは、元素をつくる工場で、僕らの知っている太陽の何億倍ほどもある大きな太陽でした。

「太古の太陽」は、炭素・酸素・鉄などのあらゆる元素を産みだして、最期には大爆発して宇宙に飛び散った。

 

なぜ、人間はいのちを光り輝かせ、瞬間瞬間を爆発させて生きたいのか…

それはきっと、僕らの正体が「太古の太陽」だったから。

ありんこも、鹿も、人間も、月も、地球も、土星も、夜空に輝く星たち…みんな、

「太古の太陽」の時代は、すべてつながっていた。僕らはひとつ。

僕らは、宇宙に咲きほこる花だったかもしれない。

だったら、今回のドリームアートで、宇宙に咲きほこる花を咲かせたい!

それを多くの人に魅せたとき、根源から世界はひっくり返る。

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?