2018/03/11 18:33

〘 東日本大震災から 七年 〙

あの東日本大震災から今日で七年になりました。

大地が揺れ、海が押し寄せ、止めのように放射能入りの空気まで襲って来た 福島県

街も、海岸沿いも、放射線量も 緩やかに改善され
その傷跡は確かに和らいでいます。

しかし生き証人とも言える動物(犬)たちは
避難された飼い主を無人の家で、未だに待っている状況が
続いております。

見えない汚染と環境の中で生き続く動物たちが、まだいるのです。

そんな犬や猫たちを現地で必死に、護りケアをしている
施設が福島動物保護施設【 福光の家 】です。

あの恐怖の地震と津波で多くの人と動物が亡くなり
放射能の波及被害とも言える、避難勧告

あの大震災を私たちはけっして忘れては いけない。

なぜなら、行き場のない小さな命が
無人の家で繋がれたままの命が、ここにしっかりと今
存在しているからです。

七年の中で、いろいろな災害や事故が世の中にはありました。
しかし、七年前のあの大震災は世紀の歴史に残る未曽有の
大災害だったのです。

どうぞ、あれからそして今もなお
その福島飯舘村で懸命に動物たちのために懸命に稼働を
している【福光の家】を、支えてやって下さい。

お願いします。

福光の家
代表 平山

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?