2018/04/21 20:53

いよいよ今立芸術館で展示が始まりました。作家の作品がぞろぞろ入ってきます。

 (大滝神社、岡太神社の朝参り)

昨日は野原竹工所(創業120年ほどになる竹細工屋さんで、素晴らしい腕をお持ちの伝統工芸士、野原正治さんについてはまたレポートします)で竹を入手してきました。

樹拓やワークショップの準備もしています。やなせ和紙さんの美しく、薄く、ロビングにしっかり耐える強度を持った杉の入った和紙で、大滝神社、岡太神社、岩本神社、岡本神社の境内の杉の拓本とってきました。杉の繊維の入った和紙でそっと杉の表皮に触れた時、なんとも言えないエネルギーの循環を感じます。木炭は表皮を傷めないように、柔らかいものを使います(基本現場で落ちているものを使います)。

展覧会の開始は29日、一週間詰めて作業をするのであまり詳しいレポートできないかもしれませんが、頑張っています。

写真やお手伝いいただいた伝統工芸士の方たちのお仕事については、会期中少しずつアップしてゆきたいと思います。

ありがとうございます!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?