Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

人と馬の共生を考えるドキュメンタリー映画を作りたい。

現在の支援総額
2,697,000円
パトロン数
210人
募集終了まで残り
終了

現在158%/ 目標金額1,700,000円

このプロジェクトは、2018-03-16に募集を開始し、210人の支援により2,697,000円の資金を集め、2018-04-21に募集を終了しました

私たちCreem Panは、映像制作会社の同僚たちで結成した映画制作サークルです。この度、引退した競走馬の多くが天寿を全うする前に生涯を終えているという現実と、この課題に向き合って生きている人たちに強い興味を抱き「人と馬の共生」をテーマにしたドキュメンタリー映画制作を始めました。

【活動報告】第14回引退馬フォーラムに出演させていただきました!

お世話になっております。
Creem Pan 代表の平林健一です。
ご存知の方も多いかと思いますが、
第14回引退馬フォーラム『ドキュメンタリー映画「今日もどこかで馬は生まれる」制作者が語る、人と馬のこれからー。』に出演させて頂きました。
お越しになれなかった方も多かったと思いますので、
この場を借りてレポートさせて頂きたいと思います。

JRA様の運営施設である新橋Gate.Jです。
昨年の今頃は一人のお客さんとして通っていた場所ですから、
まさか自分が登壇することになろうとは…本当に人生は何があるかわからないですね(笑)

開演は18:00。
会場の照明が暗転して映画の予告編がモニターに映し出され、イベントがスタートしました。

予告編上映終了後、平林・平本が登壇してトークがスタート。

まずは映画の概要から、クラウドファンディング、撮影秘話など、
映画についてたっぷりと話させて頂きました。

平本も滑舌に難を抱える中で、必死に頑張っておりました(笑)

この日の入場者数は94名とのこと。
立ち見のお客様も続出するなど、出演者としては大変ありがたい状況の中、
お話をさせて頂くことが出来ました。

認定NPO法人引退馬協会代表理事の沼田恭子さん。
司会には競馬キャスター / ライターの“こじとも”こと小島友実さんという、
著名な方とご一緒出来たことが、これほどの盛況に繋がったのだと思います。

今回のイベントで僕たちに声を掛けて頂いたのも、他ならぬ沼田代表です。
いつも何かと気に掛けて下さり、事あるごとに助けて頂いています。
本当にありがとうございます。

不慣れなトークイベントということで、ただただ緊張いたしました。
うまく喋れていたかどうか、伝えたいことを伝え切れていたかどうか…
出来栄えは完璧だったとは言えませんが、なかなかない貴重な機会を頂戴し、
馬を愛する方々の前で自身の作品についてメッセージを発信することが出来たのは、
大変幸福な時間だったと思っています。
ご来場頂いた方々、本当にありがとうございました!

イベント終了後は、もっと皆様と交流する時間が欲しかったのですが…。
僕自身ご挨拶する方が大変多く、気を使ってそのまま帰られた方も多いと聞きます。
満足にお話しすることが出来ずに申し訳ございませんでした。

ゆっくりとお話し出来る機会としましては、
第一弾のクラウドファンディング支援者の方は、
是非、上映・交流会にいらして頂ければと存じます。

① 2019年5月27日(月)@渋谷CAMPFIRE
② 2019年6月9日(日)@渋谷CAMPFIRE
こちら予約制となっておりますので、
リターンと共にお送りしたチラシに書かれたフォームを利用して、
どうかお早めにお申し込み下さいますようお願い致します。

作品を観て頂いた方々の「声」を伺うことが、
今の私たちが最も欲しているものでありますし、
純粋に直接御礼を伝えたいという気持ちも大きいです。

もっともっと努力をして、映画やCreem Panの存在が、
世の中に広まっていき、皆様と交流の機会が増え、
皆様の声を一つに背負って、
引退馬支援の一助になっていきたいと思っています。
どうか今後とも宜しくお願い致します。

この辺りのお話は、また後日活動報告で詳しく書こうと思います。

それでは皆様、良い週末をお過ごし下さい。
第二弾のクラウドファンディングもスタートしております。
どうか宜しくお願い致します。

Creem Pan 代表
平林 健一

【活動報告】第14回引退馬フォーラムに参加させていただきました。平本

いつも大変お世話になっております。Creem Pan平本です。

2019年5月16日(木)、GateJ.新橋にて
「第14回引退馬フォーラム ~ドキュメンタリー映画『今日もどこかで馬は生まれる』-制作者が語る、人と馬のこれからー」~
と題したトークイベントに監督の平林と共に参加させて頂きました。

表題の通り「今日もどこかで馬は生まれる」の制作者として感じたことや制作秘話を話させて頂いたのですが、すごく緊張しました(笑)
ありがたいことに多くの人が来てくださったのですが、普段こういった人前に立つ事も少ないですし滑舌に難を抱えているので(笑)、うまく話せるか不安もありました。

さらにあれだけの人数の方がいらっしゃるとすごく何を話そうと頭で考えてしまって
なかなか言葉が出てこないんですよね。

それでも、他の登壇者であるフリーアナウンサーの小島さん、引退馬協会の沼田さん、
平林がフォローしてくださり無事、終えることができました。

特に、映画の説明や撮影でのエピソードはかなり平林に任せてしまったな。
と少し反省しております・・・おそらく彼も緊張していただろうに。


そんなイベントの中で、最も印象に残っているのが、
イベントの序盤だったと思うのですが、MCの小島さんがCreem Panの成り立ちや
どのように映画制作を進めていったのか?といった内容の話をしていた時だと思います。
第一回目のクラウドファンディングの話が出まして、会場の皆様に
「この中で支援した方はいらっしゃいますか?」と質問をしました。

すると、10名ほどの方々が手を上げてくださったんですね。

ほんの僅かな時間でしたので、全ての方の顔を確認するまでには至らなかったのですが、
その時、本当に泣きそうになるくらい嬉しくて・・・

まず、実際私たちが出演するイベントにわざわざ足を運んでくださったこと。
(当然長らく引退馬支援の道に身を置かれていらっしゃる沼田さんのお話を聞きに来ている
可能性の方が高いとは思いますが。)
そして、およそ1年前に行ったクラウドファンディングの支援者と
このような形ではありますが、お会いできたことが本当に嬉しかったです。

この方々のおかげで、今紹介されている映画は完成したんだ。
この方々のおかげで、自分はかけがえのない体験ができたのだと考えると
自然と感謝の気持ちが溢れ出てきていました。

当然、このプロジェクトは私が感謝する為にあるのではなく
引退馬の課題が少しでも前に進む為にあるものです。

そこの本質は忘れてはならないとは思います。
しかし、イベントでもお話しさせて頂きましたが、今回のプロジェクトは、
支援者210人をはじめとした私たちに期待を寄せてくださった方々の想いが込められています。
そのたくさんの想いを背負って、
自分の全てを懸けたと言っても過言ではないほど作品とも向き合いました。
それは、間違いなく自分の人生にとって貴重な経験となったことは事実です。

そんな貴重な経験を私に与えてくださった方々の存在を噛み締め
ひたすら感謝したイベントとなりました。

残念ながら、来てくださった方々や支援者すべての方にご挨拶する事ができませんでしたが、
27日、9日に行います交流会でお会いしてお話できる事。本当に楽しみにしております。
当日は是非、よろしくお願い申し上げます。

最後になりますが、今回のイベントは私たちの経験を通して
参加者に少しでも引退馬についての関心を高めてもらおうということがテーマです。

その本質からは、ずれてしまうことを書いてしまうのはどうなのかと考えましたが、
この日、自分が一番感じたことを率直に書こうと思い、このような活動報告を出させて頂きました。

どうかご理解頂けますと幸いです。


Creem Pan 平本

クラウドファンディング第二弾がスタートしました

いつもm応援ありがとうございます。
Creem Pan 平本です。

本日よりクラウドファンディングの第二弾がスタートしました。
https://camp-fire.jp/projects/view/139817

第二弾のクラウドファンディングの目的は
映画「今日もどこかで馬は生まれる」の普及を軸に引退馬支援のムーヴメントを作りたい
です

映画完成後、映画を観た方々や興味を持って頂いた方々からコメントをいただきました。
そこで私たちが感じたことは、この映画の波を風化させてはならない。
そしてより多くの人に知ってもらい、観てもらうことが重要なことだと感じました。

しかし、仮に観てもらってそれで終わりでいいのでしょうか?
せっかく映画に興味を持っていただき、観て頂いても
そこで感じたことや、疑問に思ったこと。

引退馬課題の解決につながるアイディアなどを集約する場が必要なのではないでしょうか?
さらに、その想いをぶつけ、お互いに意見を交換する場も必要なのではないでしょうか?

その結果、出した答えが今回のクラウドファンディングのプロジェクトとなります。

まずは映画を広める。
さらに、その先も見据えた展開も考えておりますので、
是非ご興味がある方はクラウドファンディングのページだけでも見てください!

映画完成後の第二弾。
自分たちなりに必死に考え、出した答えです。

是非、応援の程よろしくお願い致します。

Creem Pan 平本

【告知】クラウドファンディング第二弾 のお知らせ

お世話になっております。Creem Pan平本です。

今回は、告知となるのですが、明後日の5月16日(木)から
Creem Panのクラウドファンディング第二弾を行います。

支援者の皆様の存在もあり、無事、映画が完成しました。
そんな私たちは今後の動きとして、次なる作品を新たにつくるのか?
それとも違う活動に着手するのか?
編成メンバーで話し合い、議論の結果、一つの結論に辿り着きました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

商業映画であれば配給会社が広告代理店と協力して、大規模な広報戦略を展開し、
全国の映画館でいつでも観賞できる機会を創出する事でしょう。

しかし、私たちは無名の制作者であり、この映画は自主制作映画です。
映画を完成させただけで満足し、ただただ傍観していたならば、
必ずやこの映画は世の中の膨大な情報の中に埋もれていき、
興味を持って頂いている方の熱量も。早々に冷めてしまうのではないかと思っています。
それは大変勿体ない事です。

映画「今日もどこかで馬は生まれる」の普及を軸に、
引退馬支援のムーヴメントを作っていきたいと考え、
今回のクラウドファンディングを行うことを決めました!


昨年に続き、厚かましいお願いになりますが、
是非、今一度皆様のご協力を頂けますと幸いです。


Creem Pan 平本

たくさんのご感想ありがとうございます!

お世話になっております。Creem Pan 平本です。
リターン発送もほぼ完了し、この映画を観た方々からおよそ20通ものご感想が寄せられております。


制作者の私たちとしましてもとても参考になり、そして励みになっております。
ご協力頂いた方々、本当にありがとうございました。


そこで、メッセージを頂いた方々に向けて一つご相談なのですが、
SNSやメッセージで送られたコメントを公開させて頂けないでしょうか?

とても有益なコメントばかりで、他の方々にも読んでもらいたいという点が一つと、
この映画を広めていくうえでPRとしても使いたいということが理由です。

頂いたコメントに対して誤解を招くような使い方は絶対にいたしませんので
是非、ご協力頂けますと幸いです。


もし、ご感想を使っても良いということでしたら、
お手数だとは思いますが、メールやメッセージ、SNSでもいいですのでご一報頂けますでしょうか?


何卒、よろしくお願い申しあげます。


Creem Pan 平本