2016/06/27 14:35
【 移動 Sakuraki / サクラキノイエは、毎週土曜日17:00〜に益城町安永地区にある「あじさい幼稚園保育園」で開催される「あじさい祭り」にほぼ毎週参加しています♪】

今回の熊本地震の震源地でもあり多大な被害を被った「益城町」。
ここは、Sakurakiオーナーえみの祖母宅、親戚宅もあり、すべて全壊でした。
親戚たちはまだまだ避難所生活をしています。

益城は自分のルーツがあり、実家も益城のすぐ側だったので
小さい頃から庭のような場所です。
そこが今回大変な事態となり。町の風景はすっかり変わり壊れかけいていました。
それはそれは大きなショックで、いてもたってもいられませんでした。
 
そこで震災直後から、店にあったおもちゃたち益城方面へ運んで、「移動サクラキノイエ」の活動をしています。

そんな中、いつもお世話になっていて仲良しのカフェ COMMUNE 6 オーナーさんよりお声かけ頂きました。

この「あじさい祭り」はただのお祭りでなくて
サクラキノイエのように営業不可となってしまったわたしのような事業者が再建のきっかけになるように
その祭りでお店を開けるということ。

お祭りにきた益城町の人たちを、お祭りで元気にすると同時に
私たちにとってはそこでサービスを提供することで自分たちも再建のきっかけとなる。
双方向支援型のお祭りなんです。

最初はちょっと理解できなくて
益城町の現状や、状況を目の前にして、自分の店のことを考えたり
派手にお祭りをすることなど
なかなか心が追いつくのに時間がかかりました。

そうしながらも、お祭りに参加し続け早3回。
回数を重ねることに、ちょっとづつ熊本被災地の状況も変わる。
みんなが前を向き始める。

自分も、いろんな現実を受け入れ始める。

そうすることで見え方もかわっていきました。

実際、そのお祭りで「移動サクラキノイエ」を楽しみにしてくれている子供たちとママ、パパたちの存在や、笑顔。

こればっかりは、この厳しい震災後の状況の中でも心底わたしの励みになる。
店を絶対再建させる!というエネルギーになる。

このお祭りに参加することで
自分も、お祭りに参加するママパパ子供たちも元気になれてるという結果に気づきました。

いまでは、このお祭りを続けること
参加することに意義を感じています。

元気になれるお祭りです!

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?