Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

現在の支援総額
160,000円
パトロン数
24人
募集終了まで残り
終了

現在32%/ 目標金額490,000円

このプロジェクトは、All-In方式です。
目標金額に関わらず、2016/07/19 23:59:59までに集まった金額がファンディングされます。

このプロジェクトは、2016-05-20に募集を開始し、24人の支援により160,000円の資金を集め、2016-07-19に募集を終了しました

原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

主人はいつも言います。「一番かわいい時期を見逃して悔しい。」慰める言葉もなく、二人で黙ってしまいます。

2015年5月1日~5月6日 Nさんよりメッセージです。

 

今回、パパに会いたいプロジェクトに参加させて頂き、ありがとうございます。
初めて参加させて頂きますが、このようなご支援は本当にありがたいです。

大阪に母子避難をして4年目になります。今回はゴールデンウィーク中の企画でしたので、とても助かりました。
なぜなら、今までゴールデンウィーク中に主人が来阪したことはないからです。
理由は交通費が高いからです。お陰様で、家族4人で外出することができ、子供達も大喜びでした。

3ヶ月に一度くらいは主人は来阪しますが、平日も含まれているため、母親である私が仕事だったり子供達が学校だったりで、思うように出掛けられないのが現実でした。
ですが、ゴールデンウィークは私も子供も休みのため、家族4人で過ごす時間が多かったので有意義な時間を過ごすことができました。

主人はいつも言います。「一番かわいい時期を見逃して悔しい。」慰める言葉もなく、二人で黙ってしまいます。
今、小学4年の息子は数年で反抗期がきます。その時に「私一人で対応できるのか…」先の見えない生活なので、不満不安も沢山あります。
それでも家族の結束を強めるために、少しでも多く家族4人揃って、話したり笑ったりすることは大事だと思います。

今回、このようなご支援があることを知って「なんてありがたい支援なんだろう!」と衝撃的でした。本当に感謝しています。ありがとうございます。

 

・・・・・・・・・・・・・

夏休みに一人でも多くの子どもたちへパパを届けるには、皆様の応援が必要です。

どうかお力をお貸しくださいますようお願い申し上げます。