Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

現在の支援総額
160,000円
パトロン数
24人
募集終了まで残り
終了

現在32%/ 目標金額490,000円

このプロジェクトは、2016-05-20に募集を開始し、24人の支援により160,000円の資金を集め、2016-07-19に募集を終了しました

原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

パパに会いたいプロジェクト~夏休み活動報告~参加のご家族より寄せられたメッセージ(パトロン限定公開)

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

こちらの活動報告は支援したパトロン限定の公開です。

募集終了まで残り4時間です

皆さまからのあたたかいご支援、メッセージ、ありがとうございます。 自主避難の現場に居た私が見てきたこと・・・ 行動に移された方々は決して簡単にというわけではありません。 問い合わせからアドバイス、許可申請、許可取得までの全てを私...

カウントダウン・・・あと2日でクラウドファンディング終了です。

みんな地球の子どもじゃん、木村です。 正直に申し上げますと、このパパに会いたいプロジェクトは年々活動資金の捻出に苦労をしています。 時の経過とともに、原発事故により家族の時間を奪われた人たちがいることが忘れられているのでしょうか。...

【残り3日!子どもたちへパパを届けるための交通費が必要です!】

【残り3日!子どもたちへパパを届けるための交通費が必要です!】 7月20日(水)23時59分まで 原発の被害によって離れて暮らす父親が家族に会いに行く、避難先から母と子が父親や家族に会いにくための交通費を支援するクラウドファンディン...

全部夢だったらいいのに。 地震も津波も原発事故も…

2016年1月29日~1月31日 Eさんより   震災後1年は特に健康被害もなく過ごしていましたが、2年目に宮城の瓦礫を近隣で焼却した途端に凄まじい健康被害にみまわれ移住を決断。目の下のクマ、とれない疲労感、繰り返す肺炎と胃腸炎、...