Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

現在の支援総額
160,000円
パトロン数
24人
募集終了まで残り
終了

現在32%/ 目標金額490,000円

このプロジェクトは、2016-05-20に募集を開始し、24人の支援により160,000円の資金を集め、2016-07-19に募集を終了しました

原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

放射能汚染から身を守ることが、家族や気心のしれた友達との別れを意味するという、この悲しさ、悔しさ、苦しさは・・・

2016年1月2日〜1月5日 Kさんより寄せられたメッセージ   この度は、「パパに会いたいプロジェクト」に参加させていただきありがとうございました。我が家は、当初子ども3人を連れての母子避難でしたが、避難後1年9カ月後に長男(当...

私たちをわすれないでくださってありがとうございます・・・

2016年1月16日~1月18日 Yさんより   この度は、「パパに会いたいプロジェクト」をご利用させていただきまして、ありがとうございました。今回は、お正月に帰省できなかった事もあり、こどもたちのおじいちゃんとおばあちゃんに避難...

主人はいつも言います。「一番かわいい時期を見逃して悔しい。」慰める言葉もなく、二人で黙ってしまいます。

2015年5月1日~5月6日 Nさんよりメッセージです。   今回、パパに会いたいプロジェクトに参加させて頂き、ありがとうございます。初めて参加させて頂きますが、このようなご支援は本当にありがたいです。 大阪に母子避難をして4年...

残り16日!皆様のご支援が必要です。

【残り10日!皆様のご支援が必要です!】 07月20日まで 原発事故の被害によって離れて暮らす父親が家族に会いに行くための交通費を支援するクラウドファンディングを行っています。 福島県内外の自主避難者は7,000世帯を超え、約18...

一緒に喜んだり泣いたりすることができないのが避難生活です・・・

2015年7月18日~7月25日 Tさんよりメッセージ   7月18日から約1週間、少し早い夏休みをとって妹が会いにきてくれました。私と娘1人、仕事をしながらの生活のため、こちらから家族に会いにいくことが難しく、離れて暮らす母や弟...