Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

GET IN TOUCHno thanks!

社会問題と向き合う人のクラウドファンディング

「パパに会いたいプロジェクト」原発事故自主避難の子どもたちに家族の時間を届けたい

現在の支援総額
160,000円
パトロン数
24人
募集終了まで残り
終了

現在32%/ 目標金額490,000円

このプロジェクトは、2016-05-20に募集を開始し、24人の支援により160,000円の資金を集め、2016-07-19に募集を終了しました

原発事故自主避難の多くは母子避難です。父親は福島県に残り家族の生活を支え続けています。母親は一人我が子を育て、子どもたちは年に数回しかパパに甘えることが出来ません。そんな子どもたちにパパを届けたいのです。

夫の反対を押し切って来たので、大変さや辛さを一番分かってもらいたい夫に辛い、苦しいなど話せません・・・

2016年 4月30日~5月7日 参加のF様より 今回は支援いただき本当にありがとうございました。 夫はもちろん、周りの誰からも賛成してもらえなかった自主避難、自分で決めて母子で来ましたが知っている人(特に夫や両親)がいない場所で...

あの日から、今日まで、家族全員がそろった日は何日あったでしょう・・・

2016年パパに会いたいプロジェクト~ゴールデンウィーク~ 4/29~5/9参加のT様より寄せられたメッセージ 「東日本大震災から早5年。当時関東に住んでいた私たち家族は、放射能からなるべく離れたい一心で、すぐに北海道に避難しまし...

こんな離れ離れの生活、いつまで続くのか、、、 1日でも早く親子で一緒に暮らしたいです。

2014年7月21日~23日 T様より 一ヶ月に一回、パパが子供たちと会える日、21日になりました 子供たちはいつもワクワクしながら待っています。 そして、今回は会ってそのまま、移動して海へ、、 久しぶりの海に子供たちは大喜び。 パ...

息子は父親がくると、朝起きてから夜寝るまで片時も側を離れません・・・

2014年7月18日~2014年7月21日 Kさん 札幌に母子避難をして、もうすぐ3年になります。当時2才だった息子は、幼稚園の年長組になりました。 主人は仕事のために福島で働いています。 毎回、千歳空港まで見送りに行きますが、...

パパも電話の最後にはいつも「また会いたい」「一緒に暮らしたい」と言います…

2014年6月12日~2014年6月15日 Tさん 6/12~15にパパが札幌に来ました。こども3人はひそかに嬉しそうです。全員男の子だから、そんなに顔には出さないけれど(笑)。 震災直後からパパ以外の家族は関東から北海道に避難し...