2018/10/09 00:43

9/22(土)に満月収穫イベントを行いました。


当日は心配されたお天気も徐々に回復し、富士山に見守られながら、満月を迎えて果汁ではち切れそうな美味しい完熟ブドウを収穫することが出来ました!


イベントの様子をご報告します。


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

【10:30 竜王駅で集合】

 中央線のあずさ新宿駅からわずか1時間半で到着します。



【11:00 敷島ワイナリーショップで集合】

  カートで園内を周りながら社長から敷島ワイナリー概略やワイン作りのこだわりを説明
。

  

←カートで園内巡り

←「あの辺が甲州で、あの辺がカベルネで・・」

【12:00 山麓にあるテイスティングハウスでブドウ畑を眺めながらお弁当】

【13:30 ブドウを収穫開始】

 ◆今年は例年に比べて収穫時期が早く、この日の収穫はベリーAが中心。

←↓たわわに実るブドウ畑は絶景!


←栽培担当の指導中。みんな真剣!

 

 ◆敷島ワイナリーではブドウを一房ずつ手作業で大切に収穫。ブドウを収穫すると同時に選果を行います。

 

↑まだ緑の粒や熟しすぎた粒を一つずつハサミでパチン!とカットします。とても手間がかかりますが美味しいワインを作るための大事な工程です。

 

◆収穫したブドウはオレンジのコンテナに入れて18キロずつ運びます 

↑収穫するブドウ一箱はなんと18キロ。この日は0.6トン程(!)収穫しました。

 ↑選果から運搬まで参加者の共同作業で無事に満月ワインの原料が整いました!

 

【16:00醸造場にて醸造担当からワインの作りの解説。出来たてワインの試飲】

 

 

 

←このタンクでは、今年収穫したばかりのブドウが発酵を始めています

 

【17:00 ショップにて試飲会】

生ブドウとそのブドウを使ったワインを一緒に楽しみました。

↓ワイン用のブドウは実は糖度が飲食用のブドウより高くて甘いんです!ベリーA、甲州、カベルネ、プチヴェルドーなど生のブドウをそのブドウのワインと一緒にテイスティング♫

↓小粒だけど味が濃い甲州。甲州100%の敷島ワイナリーのワインとも相性抜群です。

 

 

【17:30 ワイナリーの高台のキャビンのテラスへ移動】

この日の日没は17:46

↓富士山と甲府盆地。ほろ酔いの身体に爽やかなワイナリーの風。沈む夕日を眺めながら再び乾杯!

 

【18:15 満月】

↓満月と甲府盆地の夜景で敷島ワインを堪能。いつまでも見ていたい景色と幸せな時間でした・・

 

 

 

【19:30 イベント終了】

この日は甲府駅で解散。お疲れ様でした!

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

2週間前に取れたブドウはすでにタンクの中。美味しいワインになるために発酵を続けています。今回収穫したブドウも大切にワインに育てていきます!2年後の満月ワインをご期待ください!!

 

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?