2016/06/06 14:22

ここに見えている黄色いひも、分かりますか?

マニカダイヌールと呼ばれる、ひもを使った診断方法です。

手首の周りの長さで、起こり得る病気やその前兆などを診断します。

それを使って患者さんとのお話で、診断の1ツールとして使います。

なんというか、ホリスティックに、しかも簡単に病気について調べられるのでとても人気があります。

 

 

 

これは無料診察サービスのキャンプのオープニングセレモニーだそうです(笑)

けっこうお金かかってるなあ今回。12人も医者のボランティアきましたしね。

 

 

皮膚病

神経の病気

神経・筋肉関連の病気

慢性病

そして多いのは関節炎

 

 

たくさんの患者さんが、今までいろいろな治療を試し、いろんな病院に通ったけれども治らず、苦しんでいらっしゃいました。

そのため、他の治療法を探して、シッダ医学の無料診察サービスに訪れた患者さんが多かったようです。

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?