2016/06/19 14:21

 

 

ブラウン大学から、「どんな感じのことに興味あるとか、フィールド的にどんなのやりたいのかとか
教えてねー!教授とのマッチングに参考にするからー」と言われた最近。

 

今 私の頭にあるのは かんたんにまとめると

・予防医学分野の発展
・シッダ医学の栄養学と西洋医学の栄養学をつなげる
・代替医療のリサーチ エビデンスとるスキルを身につける&そして伝統医療とインド医学の技術を最新科学者と一緒にコラボリサーチをする

ということで、

その中のフォーカスが

私の家族

を考えて、

(予防医学・シッダ栄養学などを利用した)
アルツハイマーと糖尿病予防対策

だったわけなのだけど


今 挿絵を 使わせてもらっているTomomi Paromita を通してしったバウル音楽のヒーリング力を学んだり
パトロンさんの art de genki などをみていると

アートや音楽って、大衆にアプローチできる健康法の素晴らしい一つだと思えるし

シッダ医学でも

マニ・マンティラム・アビルタムといい

物質的(薬草とか)の治療の上が 音楽・振動・波動を使った治療だと言っていて
カルナティック音楽の旋律も「この旋律はこの病気に効く」と細かい処方が記されているんです。

まだ、手をつけていない


音楽(つまり、マンティラム治療)も 
使いようで、
すごい治療になるはずで、
それは今の音楽療法よりも、インドの音楽治療法を使えばもっと効果的もっとスペシフィックにできる気もするし

みんなに影響を与えられる


音楽のちからも
そしてアートの力


いまいちど見直してみようと思います


ブラウン大学やブラウン大学からいける距離のニューヨークで

たくさんアーティストに触れられるだろうし

みてみようとおもいます

 

 

音というのは物質を超えて粒子を揺さぶり細胞一つ一つに行き渡り癒しを与える究極(ではなく2番目に究極)の治療

 

 

 

 

 

 

 

みんなが 本当の意味で 単なる病気の治癒を超えた 癒しの意味を

 

統合医療 伝統医学 パブリックヘルス 予防医学 

でも、目指す先は

そういう 技術を通じて


みんなの希望を見つけること
一人一人の希望を見つけること
一人一人が 道を見つけていくこと

調和を見つけていくこと

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?