2018/05/22 12:45

最近は日常生活においては殆ど鬱症状は感じられない私ですが、主治医とカウンセラーが大好きという理由で未だ精神的に通っています。比較的元気な私が来ることに呆れていたのか、主治医の『どうせだからテスト受けてみる?』の一言で、先月下旬にWAIS-Ⅲ検査を受け、本日結果を聴きに行ってきました。

結果は...『IQはどちらかというと高い方、しかし言語理解、作動記憶、知覚統合が水準又はそれ以上なのに対し、処理速度が劣っているので、この得手不得手の落差が生活上の不便さに影響を与えている可能性がある』との事でした。

...わかる。大手企業でマネジメントをしながらバリバリ働いていた頃、仕事の完成度が高いので、評価は高いが実は裏で時間をかけていた。しかしそこは見えない様にやっていた為仕事がどんどん回ってきて結局潰れる...今初めて納得がいった。

ちなみにADHDやASDの傾向は若干なきにしもあらずだが、判定には至らない、どんな分野の就労も特に問題はない、との事で、運営マネは最近私のADHDの可能性を物凄く疑っていたが、残念でした。グレーではあるものの、これからも定型枠でやっていきたいと思います。

 

この活動報告が気に入ったら、
シェアしてみませんか?